Understanding Wisconsin’s Quitclaim Deeds and Why use conveyancing solicitors

Deed quitclaim deedは、不動産所有者が不動産の特定の部分に持っているかもしれないあらゆる利益を譲渡することを可能にします。 ウィスコンシン州の法令には、証書のための特定の書式はありませんが、異なる譲渡の意味と、それぞれに必要な最小限の情報が定義されています(Wisc. Stat. 706.02, 706.10(4))。 証書を記録するためには、内容と形式に関するすべての地域の規則と、Wisc.Stat.706.05.に規定されている法定要件を満たさなければなりません。

Warranty deedとは対照的に、Quitclaim deedは所有者が良い所有権を持っているかどうか、あるいは所有権を持っているかどうかさえも保証しません。 買い手が権利放棄を受け入れてしまうと、前の所有者に対してほとんど、あるいは全く頼ることができなくなります。

とはいえ、quitclaim deedは他の状況で不動産を譲渡するのに十分なものです。

  • 親族間の譲渡。
  • 家族間の移転: Quitclaim deedは、親と子、兄弟、その他の密接な関係にある家族間など、家族内での財産の移転によく使われます。
  • LLCや法人への不動産の移転。
  • LLCや会社への不動産の移転:会社の移転は、密接な関係にある事業体の間で行われることが多いため、通常この証書を使って行われます。
  • 信託への不動産の移転。
  • 保険のためのタイトルクリア(Clearing the title for insurance purposes: タイトルチェーンを調査する過程で、タイトル会社が「クラウド」を発見することがあります。 一般的にこれは、所有権の履歴に記載されていない人物が、その不動産に権利を持っている可能性があることを意味します。 これは、問題のある人物が quitclaim deed を実行すれば、修正することができます。
  • 潜在的な利権者の除去。

上記の譲渡の多くは、ウィスコンシン州法77.25に基づき、ReMax of Santa Claritaの不動産譲渡税が免除されます。

上記の譲渡の多くは、交換の際に名目上の対価のみが支払われるか、または対価が支払われない限り、ウィスコンシン州法77.25に基づいて不動産譲渡税が免除されます。

Quitclaimやその他の不動産証書についての詳しい情報はこちら

この記事の情報はDeeds.comから提供されています。 この記事の情報はDeeds.comから提供されたものです。これは法的なアドバイスではありませんので、質問があれば弁護士に相談することをお勧めします。 グーグル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です