Top 15 Friedrich Nietzsche Quotes On Love and Life

Born: 15 October 1844 Röcken, Province of Saxony, Kingdom of Prussia, German Confederation

Died: 25 August 1900 (for 55) Weimar, Grand Duchy of Saxe-Weimar-Eisenach, German Empire

Did you know?

トリノの馬

ニーチェは、トリノの街で鞭打たれている馬を見て、精神的に参ってしまいました。 彼はすぐに馬に向かって走り、馬の首を守るために腕に抱えて地面に倒れ、この出来事の後、彼は精神病院に入院して一生を終えることになりました。

まず、フリードリヒ・ニーチェの名言トップ15(ベストエバー)

「『なぜ』生きるかを持っている者は、ほとんどどんな『どのように』にも耐えることができる」

「殺さないものは、私たちを強くする。”

「あなたが私に嘘をついたことに動揺しているのではなく、これからはあなたを信じることができないことに動揺しているのです」

「孤独な人は、出会った人にすぐに手を差し伸べすぎます。”

「自分の存在そのものが芸術作品であるかのように振る舞うことで、自分の存在に価値を与えなければならない」

「幻想を壊されたくないがために、人は真実を聞こうとしないことがある。”

「不幸な結婚をするのは、愛の欠如ではなく、友情の欠如である」

「我々が高く飛べば飛ぶほど、飛べない人には我々が小さく見える」

9. “狂気は個人ではまれだが、集団、党、国、時代では規則である」 – One of the Best Ever Fredrick Nietzsche Quotes

「生きることは苦しむことであり、生き延びることは苦しみの中に何らかの意味を見出すことである」

「恐ろしい深さのない美しい表面は存在しない。”

「若者を堕落させる最も確実な方法は、異なる考えを持つ人よりも、同じ考えを持つ人を高く評価するように指導することである」

「紙と書くものさえあれば、世界をひっくり返すことができる」

「私に必要なのは、紙と書くものだけだ。”

「他の人が一冊の本で言っていることを、十文で言うのが私の野望です」

「作品が語り始めたら、作者は口を閉じていなければなりません」。”

以下に、愛、結婚、神、真理、音楽、ダンス、芸術、狂気、混沌、奈落、権力、悪に関するフレデリック・ニーチェの名言をいくつか紹介します(順不同)

愛と結婚に関するニーチェの名言

「愛の中には、常に何らかの狂気がある。

「不幸な結婚をするのは、愛の欠如ではなく、友情の欠如である」

「愛からなされたことは、常に善悪を超えて行われる」

「結婚するときは、自分にこう問いかけなさい。 その人と老後までうまく会話ができると思いますか?

「結婚とは、それを作った者よりも優れた者を作ろうとする二人の意志と私は呼んでいる」

「復讐においても愛においても、女は男よりも野蛮である」

。 – Best Fredrick Nietzsche Quotes On Love

「私たちが人生を愛するのは、生きることに慣れているからではなく、愛することに慣れているからだ」

「書かれているすべてのもののうち、私が愛するのは、その人が自分の血で書いたものだけだ」

。 – Fredrick Nietzsche Quotes On Love

「愛とは、他人が自分とは違う生き方、行動、経験をしているという事実を理解し、それを喜ぶこと以外に何があるだろうか」

「知識のある人間は、自分の敵を愛するだけでなく、自分の友人を憎むこともできなければならない」

「思考は感情の影であり、常により暗く、より空虚で、より単純なものである」

「私たちは、自分の感情の影を見ているのだ。 – Fredrick Nietzsche Quotes On Love

“恋する人を治すには、強力なメガネが一組あれば十分なこともある。”

「愛されたいという要求は、あらゆる傲慢な思い込みの中でも最大のものである」

「愛は盲目であり、友情はその目を閉じる」。 – Fredrick Nietzsche Quotes On Love

「愛のためになされたことは、常に善悪を超えて起こる」

「知識を愛する者がその水域に足を踏み入れるのをためらうのは、真実が汚れているときではなく、浅いときである」

「私は、今日をどう生きるかを知らない者を愛している」

「何も与えることのできない者は、何も感じることもできないのだ。”

「いつもほめられたいと思っている神を信じることはできない」

「女は神の第二の過ちだった」

「神は存在し得ない。なぜなら、もし神がいたとしても、自分が神でないことを信じることができないからだ」

「今日、私は自分の神を愛するように、自分を愛する。

「偉大な詩人の主題は、天地創造の七日目以降の神の退屈さだろう」

「私は、踊り方を知っている神だけを信じるだろう。”

「すべての教会は神人の墓の上の石であり、いかなる状況下でも彼が復活することを望んでいない」

「英雄の周りではすべてが悲劇になり、半神の周りではサテュロスの劇になり、神の周りでは何? おそらく「世界」?

「かつて精神は神であり、次に人間となり、今では暴徒にさえなろうとしている」

「神が人間になったということは、人間が永遠に救いを求めるのではなく、むしろ地上に天国を築くべきだということを示しているにすぎない」

「想像上の存在に何かを与えることを許すほど、世界には愛と善がない」。

「すべての禁欲的な道徳において、人間は自分の一部を神として崇め、そのためには他の部分を悪魔化する必要がある」

「すべての善は悪の変換であり、すべての神は父に悪魔を持っている。”

「彼は煙突の隅で縮こまって座り、弱い足のために悩み、世間に疲れ、意志に疲れ、ある日、過剰な哀れみによって窒息した」

「一般的に、いくつかの点で、神々はすべて私たち人間の指導から利益を得ることができると考える正当な理由があります。 私たち人間は、より人間的なのです」

「神は死んだが、種族である人間の状態を考えると、おそらくまだ何年も、彼の影が示される洞窟があるだろう。”

「いまだに自分自身を信じている国は、自分自身の神に固執している」

「事実はなく、解釈だけがある」

「思想家は、自分の行動を実験や質問、つまり何かを見つけようとする試みと見なすものだ。 成功も失敗も、彼にとっては何よりの答えなのです」

「ニーチェの仕事の最も重要な側面の一つは、パースペクティヴィズムとは対照的な、真実に対する批判でした。

「信念は、嘘よりも真実の危険な敵である」

「真実の山では、決して無駄に登ることはできない。今日、より高いところに到達するか、明日、より高いところに登れるように力を鍛えるかのどちらかである」

「時々、人は自分の幻想を壊されたくないので、真実を聞こうとしない。”

「あなたが嘘をついたことに腹を立てているのではなく、これからはあなたを信じることができないことに腹を立てているのです」

「そして、少なくとも一つの笑いを伴わなかったすべての真実を偽りと呼ぶべきです」

「否定者、中傷者、命を毒するプロである司祭が優れたタイプの人間であるとみなされる限り、質問に対する答えは存在しません。

「真理の山では、決して無駄に登ることはない」

「真理で死なないために芸術がある」

「芸術は、単に自然の現実を模倣したものではなく、実際には、自然の現実を征服するためにその傍らに置かれた、形而上学的な補完物である」。”

「万物は解釈に従うものであり、ある時点でどのような解釈が優勢であるかは、権力の機能であって真実ではない。”

「教えたい真実が抽象的であればあるほど、それを受け入れるように感覚を徹底的に誘惑しなければならない」

「絶対的な真実がないように、永遠の事実は存在しない」

。”

「真実を信じることは、かつて信じていたすべての「真実」を疑うことから始まる」

「真実では、キリスト教徒は一人しかおらず、彼は十字架で死んだ」

「すべてのものは解釈の対象である。

「信仰とは、真実が何であるかを知りたくないことである」

「天国では、面白い人はみんないない」

「宗教家と接触した後、私はいつも手を洗わなければならないと思う」

「人間は単に神の間違いなのか?

「『彼方』や『現実世界』という概念は、存在する唯一の世界を評価するために発明されたものであり、私たちの地上の現実に何の目標も目的も課題も残さないようにするためのものである」

「私は、いつも褒められたいと思っている神を信じることはできない。”

「キリスト教では、道徳も宗教も、いかなる点でも現実と接触しない」

「壁に神や悪魔の絵を描いてはいけない。 もし彼が私の年齢まで生きていたら、自分の教義を否定していただろう」

「精神病院を気軽に散歩してみると、信仰は何の証明にもならないことがわかる」

「若者を堕落させる最も確実な方法は、自分と違う考えを持つ人よりも、自分と同じ考えを持つ人を高く評価するように指導することだ。”

「キリスト教には、何らかの手段で絶望に追い込まれる可能性のあるすべての人を見つけ出すハンターの本能がある-人間の一部しかそのような絶望をすることはできないが。

「偉大なキリスト教徒の顔を見てごらんなさい。

「『神』、『魂の不滅』、『救い』、『あの世』……子供の頃から、そんな考えに時間を割くことはありませんでしたし、時間を無駄にすることもありません。”

「神とは、あまりにも手垢のついた答えであり、私たち考える者に対する配慮のなさを示す答えであり、甚だしくは、私たちに対する粗野な禁止令でさえある。

「もし、あなたの聖書のあの嬉しいメッセージがあなたの顔に書かれていたら、あなたはその本の権威を信じることをそのような堅苦しいやり方で要求する必要はないでしょう。”

「要するに、宗教的なカルトは、人間と人間の間の魔術の表現に基づいており、魔術師は司祭よりも古いのである」

「神や神々から離れると、これが私を誘うのであった:もし神々が存在していたら、何を創造することがあるだろうか」

ニーチェの音楽やダンスに関する名言

「今日、金になるのは病んだ音楽だけだ。”

「音楽の中では、情熱が自らを楽しんでいる」

「あらゆる形態のダンスは、すべての高貴な教育のカリキュラムから除外することはできない。足で踊り、考えで踊り、言葉で踊り、さらに付け加えるなら、ペンで踊ることもできなければならない。”

「少なくとも一度も踊らなかった日は、失われたと考えるべきだ」

「そして、踊っているところを見られた人は、音楽を聴けない人からは、気が狂っていると思われた」

「ジョルジュ・ビゼーといえば。 彼の音楽には、太陽の光が降り注ぐような、さわやかな空気と透明感があります。

「敵に向かって行進するとき、いかに良い音楽と悪い理由が聞こえるか」

「音楽がなければ、人生は誤りである。 ドイツ人は神が歌を歌うことさえ想像する」

「私は踊り方を知っている神しか信じない」

フレデリック・ニーチェ 芸術に関する名言

「芸術とは本質的に存在の肯定、祝福、神格化である。”

「芸術家は、ヨーロッパではパリ以外に家がない」

「哲学者の精神が、よい踊り手以上に望むものを私は知らない。 ダンスは彼の理想であり、芸術であり、最後には彼が知っている唯一の信心深さである「神への奉仕」でもあるのだから」

「人が持たなければならないものには、生まれつき陽気な魂か、仕事や愛や芸術や知識によって陽気になった魂のどちらかがある」

「すべての美しい芸術、すべての偉大な芸術の本質は、感謝である。”

「眠ることは意味のある芸術ではない。そのためには一日中起きていなければならない」

「人間は最も残酷な動物である。 悲劇、闘牛、磔刑などで、これまでは地上で最高の気分を味わってきたが、自分のために地獄を発明したときには、見よ、それこそが彼の天国だった」

「悪人は模倣によって尊敬を得、善人は特に芸術において尊敬を失う」

。”

「ある品質や芸術への賞賛は、それを手に入れようとする努力を妨げてしまうほど強いことがある」

「バラを奈落の底に投げ込んで、『これは私を生きたまま飲み込むことに成功しなかった怪物への感謝の気持ちだ』と言ってみなさい。”

「自分の中に混沌としたものが残っていなければ、踊る星を生み出すことはできない」

「怪物と戦う者は、それによって自分が怪物にならないように気をつけなければならない。

「自分の情熱のカオスを整理し、自分の性格にスタイルを与え、創造的になったオーバーマン。

「人間、あまりにも人間的だ」

「人間は習慣から、権力を求めるすべてのものに服従する」

。 フレデリック・ナイヒェの名言集

「私は意志の力を、どれだけの抵抗、痛み、拷問に耐え、それを有利にする方法を知っているかで評価する」

「すべてのものに赦すべきものがあれば、非難すべきものもある」

「生命とは、成長、生存、力の蓄積、権力への本能である」

「悪とは何か?

「偽善者に代表されているだけでは、どんな権力も維持できない」

「性質と思想において寛大であれ。 – フレデリック・ナイヒェーの名言集

「人間が自分に課す権利は、自分に課す義務や、自分が平等だと感じる仕事に関係している。 大多数の人間は存在する権利を持たないが、より高い人間にとっては不幸である」

「強い者が弱い者を支配するようになるのは、後者がその独立性の程度を主張できない限りにおいてであり、ここには慈悲も忍びもなく、ましてや「法」を尊重することもない」

「美しいものは、真のものと同様にほとんど存在しない。

「美しいものは、真のものと同じようにほとんど存在しません。どのような場合でも、それはある種の人間を維持する条件の問題です。”

「すべての善は悪の転化である:すべての神には父としての悪魔がいる」

「人の成熟:それは遊び盛りの子供の頃に持っていた真剣さを再発見することである」

「もしあなたに敵がいるならば、善をもって悪に報いてはならない。

「もしあなた方が自分の法を与えられないほど弱いならば、暴君がそのくびきをあなた方の上に置いて言うだろう。 “従え! 歯を食いしばって従え!」と言う。 そして、すべての善と悪は、彼への服従の中で溺れてしまうだろう」

「古い幻想がある。 それは善と悪と呼ばれるものだ」

「すべての悪について、私はあなたに能力があると考える。 だから私はあなたに善を求める。 確かに、爪がないからといって自分を善人だと思っている弱者を、私はよく笑ったものだ」

「しかし、人間も木と同じである。 彼が高みと光の中に上がろうとすればするほど、彼の根は地の言葉、下の言葉、暗闇、深み、つまり悪の中に向かって、より精力的に闘うのである。” – Fredrick Neichze Quotes on Evil

「私たちが夢の中で経験することは、私たちがそれを頻繁に経験すると仮定すると、最終的には、「実際に」経験したことと同じように、私たちの魂の全体的な経済に属します。

「詩人は自分の経験を恥ずかしげもなく利用する」

「脱線、反論、嘲笑の喜び、屈託のない不信感は健康の兆候であり、無条件のものはすべて病理学に属する。”

「私たちが夢の中で経験することは、私たちがそれを頻繁に経験すると仮定すると、最終的には「実際に」経験したものと同様に、私たちの魂の全体的な経済に属します。 そして、あなたが長い間深淵を見つめていれば、深淵もまたあなたを見つめているのである」

「人生の偉大なエポックは、自分の悪を自分の中の最良のものと再認識する勇気を得たときに訪れる」。 – フレデリック・ナイヒェの悪に関する名言集

「悪とは何か?-弱さから湧き出るもの」

「悪とは何か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です