The Challenge of Neurodegenerative Diseases

現在、アメリカではアルツハイマー病が500万人、パーキンソン病が100万人、多発性硬化症(MS)が40万人、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が3万人、ハンチントン病が3万人の患者がいると言われています。 神経変性疾患は主に中年期から晩年期に発症するため、人口の高齢化に伴って発症率が急増すると予想されています。 30年後には、1,200万人以上のアメリカ人が神経変性疾患を患うことになります。

近年、ハーバード大学ニューロディスカバリーセンターをはじめとする多くの研究者が、神経変性疾患の根本的な原因を解明することに大きく貢献しています。

近年、ハーバード大学ニューロディスカバリーセンターをはじめとする多くの研究者が、神経変性疾患の根本原因の解明に大きく貢献しています。 しかし、多くの大事業では、より多くの資源を投入すればするほど、目標に向かってより早く前進することができます。 高齢化が進む現代社会において、これらの病気がもたらす深刻な影響を回避したいのであれば、私たちは今、努力を惜しんではなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です