Stories of My Father: アルコール依存症と糖尿病

アルコール依存症になると、いくつかのメカニズムによって2型糖尿病の発症リスクが高まります。 まず、アルコールはインスリン抵抗性を低下させ、血糖値を調整する体の自然な能力を乱します。 アルコールの大量摂取は慢性膵炎を引き起こし、糖尿病の発症につながります。 また、アルコールという形で過剰なカロリーを消費すると、2型糖尿病の大きな要因である太りすぎの原因となります。 糖尿病になっても、血糖値をうまく調整するためには、アルコールの摂取量を控えめにしなければなりません。糖尿病がうまく管理されていても、大量の飲酒を続けていると、さらに健康を損なうことになります。 飲酒がどうしても我慢できない場合は、リハビリテーション治療を受けることで、アルコールとの関係をコントロールし、大量飲酒による身体的ダメージを防ぐことができます。 また、すでにダメージを受けている場合は、専門的な治療を受けることで、体に大きなダメージを与えないために必要なスキルを身につけることができます。

アルタミラでは、アルコール依存症に対する包括的な治療を提供しており、精神疾患を併発している方にも専門的な治療サービスを提供しています。

アルタミラでは、アルコール依存症の包括的な治療を行っており、精神疾患を併発している人々のための特別な治療サービスも提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です