RTOとRPOの違い

Recovery Time Objective (RTO)とRecovery Point Objective (RPO)は、データ復旧戦略において最も重要な2つのコンポーネントです。 似たような言葉に聞こえますが、両者は全く異なります。 この2つの用語の違いを理解することで、事業継続計画を最適化することができます。

早速ですが、RTOとRPOについて知っておくべきことをまとめてみました。

RTOとは

Recovery Time Objective(RTO)とは、自然災害や緊急事態が発生した後、通常のビジネスプロセスを復元するのにかかる時間のことです。

「RTO」とは、災害が発生した後に、ITやビジネス活動の復旧のために設定する目標時間のことです」とTechAdvisory.orgは述べています。org.

RPOとは

Recovery Point Objective(RPO)とは、緊急事態の際に「許容できる」と思われる経過時間のことです。 事業継続計画の中でこの時間を定義する必要があります。

「RPOは、データと、データに対する企業の損失耐性に焦点を当てています」とTechAdvisory.orgは言います。 “

なぜRTOとRPOが重要なのか

自然災害やサイバー攻撃のような緊急事態が発生すると、必然的にビジネスのダウンタイムが発生します。 これには様々な影響があります。

RTOとRPOは、ダウンタイムに関連するリスクを最小限に抑えるための2つのパラメータです。

過去5年間で、半数以上の企業が8時間以上のダウンタイムを経験しています。

過去5年間に8時間以上のダウンタイムを経験した企業は半数以上にのぼり、さらに1時間以内に復旧した企業はわずか2%でした。 そのため、適切な災害復旧・事業継続計画を立てることが不可欠です。

RTOとRPOを無視するとどうなるか

  • RTO(災害後に再び稼働するまでの時間)を無視すると、将来的にダウンタイムを適切に管理することができなくなります。
  • RPO(災害時に許容できるダウンタイムの長さ)を無視すると、事業継続の目標を達成できません。 その結果、ビジネスの評判を落とすことになりかねません。 実際、ダウンタイムが多すぎると、お客様を失うことになります。

「事業継続計画があれば、ビジネスの競争力を維持し、収益や顧客の損失を最小限に抑えることができる可能性が高まります。 “

事業継続の専門家とパートナーを組むことで、RTOとRPOを効果的に管理することができます。 専門家は、クラウドバックアップ、データリカバリーソフトウェア、暗号化などの最新技術を駆使して、ダウンタイムイベントを最小限に抑え、データを保護します。

事業継続の専門家と提携することで、RTOとRPOを効果的に管理することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です