Remembering “September”: The Story Of Earth Wind & Fire’s Greatest Hit: アース・ウインド&ファイアーの大ヒット曲を語る

9月21日の夜のことを覚えていますか? この有名な歌詞は、結婚式やプロム、バー/バットミツバ、高校の同窓会など、お祝いの会に参加したことがある人なら、耳にしたことがあるのではないでしょうか。 1978年にシングルとして発売されたアース・ウィンド・ファイヤーの名曲は、アルバム『ザ・ベスト・オブ・アース・ウィンド・ファイヤー』に収録されました。 1に収録され、全米R&Bチャート1位、ビルボードホット11で8位、全英シングルチャート3位を記録しました。 しかし、その意味は? この曲はどこから来たのでしょうか?

しかし、この曲にはどんな意味があるのでしょうか?

この曲のストーリーは、1978年に始まります。 アレリー・ウィリスはLAで売れないソングライターでしたが、ある夜、アース・ウィンド・ファイアのリーダーであるモーリス・ホワイトから電話を受けます。 ホワイトは彼女に、バンドの次のアルバムの共同作曲をするという生涯のチャンスを与えたのだ。

「ドアを開けると、彼らはちょうど『セプテンバー』のイントロを書いているところでした。 私はただ、『神様、彼らが私に書かせたいのはこれなんだ!』と思いました。

Earth, Wind & FireのギタリストであるAl McKayが作曲したプログレッションを使用し、ホワイトとウィリスは、晴れた空と星空の下でのダンスをイメージしながら、1ヶ月かけて曲を書き上げました。 ウィリスは、ストーリー性のある曲が好きだと言います。ある時点で、「September」の歌詞が単純に聞こえてくるのではないかと危惧していたそうです。

「モーリスが曲を作るときに必ず使っていたのが『バ・ディー・ヤ』というフレーズでした。 “モーリスが曲を作るときに必ず使っていたフレーズが『バーディーヤ』だったんです。 それで私は、『”Ba-dee-ya “を本当の言葉に変えようと思っているんだよね』と言いました。 “

間違っています。

ウィリスによると、最後のボーカル・セッションで彼女は自暴自棄になり、ホワイトにこのパートを書き直してくれるように頼んだそうです。 すると、彼は『Who the f- – – cares (気にするな)』と言ったのよ。 “

Earth, Wind & Fireのヒット曲のオフィシャル・ミュージック・ビデオは以下からご覧いただけます。

Earth, Wind & Fire – “September”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です