Puffball

他の用途では、Puffball (disambiguation)を参照してください。

Puffballsは真菌類で、成熟した子実体が破裂したり衝撃を受けたりすると、茶色い塵のような胞子が雲のように出てくることからその名が付けられました。 担子菌門に属し、Calvatia、Calbovista、Lycoperdonなどの属があります。 真のパフボールには、目に見える茎やステムはありません。 パフボールは以前はGasteromycetesまたはGasteromycetidaeという分類グループとして扱われていましたが、現在では多系統の集合体であることが知られています。

パフボールは担子菌類に属するいくつかの属に見られます。

すべてのパフボールの特徴は、胞子を持つエラのある開いたキャップを持たないことです。その代わり、胞子はgasterothecium(胃のような)担子嚢と呼ばれる球状の子実体の内部で作られます。 胞子が成熟すると、子実体の中心部にグレバと呼ばれる塊を形成し、独特の色と質感を持つことが多い。 担子嚢は、胞子が担子嚢から放出されるまでは閉じた状態である。 やがて、開口部ができたり、乾燥してもろくなり、裂けて胞子が脱出するようになる。 パフボールの胞子は、バリスト胞子ではなくスタチス胞子であり、担子嚢から強制的に押し出されることはない。 パフボールのような形態は、ヒメノミセスからasteromycetationによってsecotioid段階を経て収斂的に(つまり、多数の独立した出来事によって)進化したと考えられている。

有茎性パフボールには、グレバを支える茎があります。

有茎性パフィオペディルムはグレバを支える茎を持っていますが、どれも硬くて木質のキノコなので食用にはなりません。 ヒメオガサタケや粘菌のEnteridium lycoperdonは偽物のオガサタケである。 成熟すると粉状になるグリーバは、真性パフボール、ストークパフボール、アーススターの特徴である。 ニセアカシアは岩のように硬いか、もろい。 ニセアカシアは硬くて苦いので、すべて食用にはならない。

チベットでは伝統的にパフボールを焼いて灰を挽き、水に入れて糊液と「アナイシンマ煎じ薬」を加えて墨を作り、長時間圧迫すると黒くて濃い物質ができ、それを墨として使っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です