Prayers, Poems,

Loss of a Pet Poems

Loss of a Pet Poems

ペットを亡くしたとき、スピリチュアルな文章が慰めになることがあります。 聖書のような崇高な聖典からの引用であろうと、オリジナルの祈りであろうと、文章は私たちの気持ちを言葉にし、必要なときに信仰がそこにあることを思い出させてくれるので、慰めになります。 詩人は何十年も前からペットとの強い絆を書いてきました。 エリザベス・バレット・ブラウニングは、1933年に愛犬フラッシュを題材にした有名な詩を書いています。 チリのパブロ・ネルーダは、1900年代に「A Dog Has Died」という有名な賛辞を書いています。

愛すべき動物のために祈りを捧げることは、時の試練に耐えてきました。

祈りは、愛すべき動物のために、時を超えて受け継がれてきました。

自分で詩や祈りを書くという方法もあります。

自分で詩や祈りを書くという方法もあります。

自分で詩や祈りを書くこともできます。

もしあなたがペットの追悼式や葬儀を行うのであれば、詩や宗教的な朗読を式に盛り込むことは、イベントをパーソナライズする素晴らしい方法です。 私たちは、ペットを失ったときの詩や祈りの代表的な例を、上のリンクのページにまとめました。 祈りや詩に加えて、ペットへの愛情やペットを失ったときの痛みに関連する人気のある引用句をまとめました。

ペットを失ったときの悲しみについては、「ペットを失ったときの対処」のページをご覧になることをお勧めします。 悲しみのプロセスは人それぞれであり、誰にでも通用する単純なタイムテーブルはありません。 悲しみが大きすぎると感じたら、必ず専門家に相談してください。 苦しみを乗り越えるために役立つ情報源はたくさんあります。

その他の素晴らしい読み物

GRIEF: DON’T CHEER ME UP!

悲しみがあなたの大切な人のもので、あなたが助けたいと思ったとき、どうしますか?

HONORING ANIMALS WITH CEREMONY: AN INTERVIEW WITH LAURA KING

今はもういないペットをどのように称えることができるのか、詳しくご紹介します

div

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です