PMC

考察

MISは、視覚的ストレスと歪みを誘発する大脳皮質系の障害と考えられており、特定の光波の過送信によって読書障害を引き起こす症候群です。 カラーフィルター付きレンズの使用は、視覚症状の改善に有効です。 このレンズによる視力の改善は、他のタイプの失読症の特徴ではありません。

我々の研究では、ダブりと線の移動の困難さは、MIS患者にのみ見られる特異な視覚的歪み症状でした。

私たちの研究では、二重になったり、線が動きにくくなったりする症状は、MISの患者だけに見られる特有の視覚的な歪みであり、疲労感、眼精疲労、頭痛などの他の症状は、屈折異常、外斜視、ドライアイ症候群の患者にも見られた。 これらの結果は、MIS患者にカラーフィルターを処方する前に、眼科での精密検査を行い、関連する眼の問題に対処することの重要性を示しています。

ディスレクシアは、原発性(発達性)ディスレクシアとMISに分類されます。 原発性ディスレクシアは、左半球の頭頂後頭葉の異常による音韻処理の障害で、学習障害で発生しますが、適切な音韻トレーニングで改善されます。 大脳皮質機能障害が原発性失読症の発症に何らかの役割を果たしている可能性があるとしても、我々の研究は、この2つの障害は基本的に異なるものであり、異なる診断が可能であるという考えに基づいています。 Libermanらは、一次性失読症の最も重要な徴候は文字の反転であり、これは最初に読み方を学んだ子供に発現することを示しました。 しかし、私たちの研究では、9人のMIS患者にも文字の反転が見られ、色付きレンズの使用で症状が治まりました。 Helvestonは、一次性失読症には色つきのフィルターが効かないことを報告しており、文字の反転だけではこの2つの障害を判別することは困難です。 さらに、1つの音素を2つの異なる方法で発音する英語やフランス語を使用している文化圏では、原発性失読症は人口の10%を占めるほど一般的です。 1つの音素が1つの方法でしか発音されない韓国語を母国語とする人々には、原発性失読症はまれであるかもしれない。

神経精神疾患に失読症が現れることがあり、特にADHDと失読症の関連が報告されています。

失読症は神経精神疾患に現れることがあり、特にADHDと失読症の関連性が報告されています。 MISを発症したADHD患者は、精神科治療により改善が見られ、色付きレンズの使用により読解力が確実に向上しました。

今回の研究では、MISに見られる特異な視覚症状として、ダブり、線の移動が困難、明るい状態が挙げられた。 しかし、NODsには、屈折異常、ドライアイ症候群、外斜視なども含まれており、これらは失読症の原因にもなります。

この論文は、データ収集が遡及的であること、症状の記録が標準化されていないこと、サンプル数が非対称であることなどの制約があります。 発達性ディスレクシアの効果的な診断/テストは、この分野における30年に及ぶ広範な研究の目標であり、今もなお、ディスレクシアは1つのテストだけでは診断できないというのが一般的なコンセンサスとなっています。 この研究はMISに焦点を当てたものですが、色付きレンズを装用した場合の改善基準を検証する必要があります。

結論として、ダブリング、線の移動の困難さ、明るい環境は、眼科疾患による非特異的な失読症と比較して、MIS患者に見られる特異的な視覚症状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です