Piroxicam, Methyl Salicylate, Menthol, and Capsaicin Topical Gel

US Pharm. 2010;35(9):64-65.

調製方法。 準備する分の各材料の量を計算する。 各成分を正確に計量または測る。 精製水、プロピレングリコール(PG)、ベンジルアルコール、イソプロピルアルコールを適当な容器に入れて混ぜる。 メントール、ブチル化ヒドロキシトルエン(BHT)、トウガラシオレオレジンをそれぞれ添加し、溶解するまで混ぜる。

サリチル酸メチルとポリソルベート80を別々に混ぜる。 ゆっくりとヒドロキシプロピルセルロース(HPC)をふるいにかけ、均一なスラリーを形成する。 この油相を水相に加え、よく混ぜる。 必要に応じてホモジナイズする。 pHを確認し、必要に応じてクエン酸で調整する。

用途:この製剤は、軽度から中等度の筋肉痛や関節痛の治療に使用されている。

パッケージ。

包装:耐光性のあるタイトな容器に包装してください。

ラベルを貼ってください。 子供の手の届かないところに保管してください。 ____ の後に廃棄してください。

安定性。

品質管理:本製品の使用期限は6ヶ月までとしています。 品質管理の評価には、実重量と比較した理論重量、pH、比重(SG)、活性薬物の分析、色、質感-表面、質感-スパチュラの広がり、外観、感触、レオロジー特性、および物理的な観察が含まれます2

議論。 ピロキシカム(Feldene, C15H13N3O4S, MW 331.35, )は、鎮痛・解熱作用を有する非ステロイド系抗炎症剤である。 フェルデンは、オフホワイトから淡褐色または淡黄色の無臭の粉末である。 サリチル酸メチル(C8H8O3、MW152.15)は、無色、黄色、または赤みがかった液体で、ウィンターグリーンの特徴的な匂いと味がする。 水にはわずかに溶け、アルコールや氷酢酸にも溶ける3

メントール(C10H20O, MW 156.27)は、無色の六角形の結晶、通常は針状または融合した塊、あるいは結晶性の粉末として現れる。 ペパーミントのような心地よい香りがします。

カプシカムオレオレジンは,ナス科のCapsicum annum var.minimumおよびCapiscum frutescensの小果樹品種の熟した果実を乾燥させたアルコール抽出物である。 カプサイシンの含有量は8.0%以上です。 トウガラシオレオレジンは暗赤色の油状の液体で、アルコール、アセトン、エーテル、揮発性オイルに溶けます3

HPCは白色からわずかに黄色を帯びた無臭・無味の粉末です。 水2部、エタノール2.5部、PG5部に1部ずつ溶けるが、グリセリンや油にはほとんど溶けない4

ポリソルベート80(Tween80、ポリオキシエチレン20ソルビタンモノオレエート、C64H124O26、MW1310)は黄色の油状の液体で、特徴的なにおいと温かくてやや苦い味がある。 SGは1.06-1.09.4

PG(C3H8O2)は無色透明で粘性があり、実質的に無臭の液体で、甘い味がし、SGは1.038g/mLです。 アセトン、95%エタノール、グリセリン、水と混和します4

BHTは酸化防止剤です。

BHTは酸化防止剤で、白色または淡黄色の結晶性の固体または粉末で、かすかな特徴的なにおいがあります。

ベンジルアルコール(C7H8O, MW 108.14)は、抗菌性の防腐剤、殺菌剤、溶剤です。 ベンジルアルコールは無色透明の油性の液体で、かすかな芳香性のにおいと鋭い灼熱の味がします。 ベンジルアルコールは無色透明の油状の液体で、かすかな芳香と鋭い灼熱の味があり、1gが25mLの水に溶け、エタノールと混和します4。 強アルカリ性で、密度は0.722で、水やアルコールに溶けます。 pH調整にはジイソプロピルアミンが用いられる。 イソプロピルアルコール(イソプロパノール)は、無色透明で動きやすく、揮発性の可燃性液体で、エタノールとアセトンの混合物に似た特徴的なにおいがあり、苦い味がします。 SGは0.786で、エタノール、グリセリン、水と混和性があり、アセトンに溶け、塩水には溶けない4

1。 USP Pharmacists’ Pharmacopeia. 2nd ed. USP Pharmacists’ Pharmacopeia, 2nd ed. Rockville, MD: US Pharmacopeial Convention, Inc; 2008:284,775-779,797-831,1454.
2.Allen LV Jr. Standard operating procedure for performing physical quality assessment of ointments/creams/gels. IJPC. 1998;2:308-309.
3.Reynolds JEF, ed. マーティンデール。 このような場合には、このような方法で対応します。 30th ed. イギリス、ロンドン。

4. Rowe RC, Sheskey PJ, Quinn ME, eds.

このような場合には、次のように説明します。 6th ed. ロンドン、イングランド。 Pharmaceutical Press; 2009:64-66,75-76,181-183,317-322,346-348,433-435,549-553,592-594.
5. O’Neil MJ, ed. The Merck Index. 14th ed. Whitehouse Station, NJ: Merck & Co, Inc; 2006:542.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です