New Theory on Why Men Love Breasts

なぜストレートの男性は、女性の胸から垂れ下がっている大きくて球根のような脂肪の袋に、これほどまでに頭を悩ませるのでしょうか? 科学者たちは、男性の不思議な胸への執着を満足に説明したことはありませんが、理論家たちは理論を立てます。

乳腺は哺乳類の特徴ですが、人間は乳腺に大きな性的役割を与えている点でユニークなようです。

哺乳類の特徴である乳腺ですが、人間は乳腺に大きな性的役割を持たせているのが特徴です。 書籍『Biological Exuberance: Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity” (Stonewall Inn Editions, 1999)という本の中で、カナダの生物学者Bruce Bagemihlは、人類の近縁種であるボノボを含むいくつかの霊長類が、自慰行為の際に自分の乳首を刺激しているのが目撃されていると述べている。

研究者たちは長い間、人間が性的な理由から女性の乳腺の周りに脂肪を蓄えるようになったと推測してきました。 人類学者のオーウェン・ラブジョイは、進化はペアの結合を促進するために、女性と男性の両方の生殖器官の周りに牛の目を置いたと主張しました。 この仮説では、女性の乳房だけでなく、男性も体の大きさに比べて比較的大きなペニスを手に入れたのです。

もう一つの説では、胸は男性に、胸にくっついている女性が栄養的に恵まれていて若々しい、つまり有望な結婚相手であることを知らせるために進化したと考えられています。 胸が大きく、ウエストとヒップの比率が高い女性を男性が好むという研究結果は、砂時計型の体型が若さと生殖能力を示すという説を裏付けています。 2004年に英国王立協会紀要Bに掲載された研究では、胸の大きい女性は周期的にエストラジオールというホルモンの濃度が高くなり、これが妊娠力を高める可能性があることもわかっています。

自然か育成か

しかし、この仕事には落とし穴があります。 1つは、胸が万人に愛されているかどうかは、実際には明らかではありません。 人類学者のクレラン・フォードと倫理学者のフランク・ビーチは、1951年に191の文化を調査し、そのうち13の文化で男性にとって胸が性的に重要であると考えられていることを報告しました。 そのうち9つの文化では、大きな胸が好まれました。 アフリカのアザンデ族とガンダ族の2つの文化では、長くて垂れ下がった胸が最も魅力的だと考えられていました。 また、アフリカのマサイ族と南太平洋のマヌス族の2つの文化では、直立した「半球状」の乳房が好まれましたが、必ずしも大きくはありませんでした。 また、13の文化では、セックスの際に胸のシミュレーションを行ったと報告されていますが、男性が性的魅力のために胸を重要視すると報告した社会と重なるのは、そのうちの3つだけでした。

書籍「Breastfeeding」(Aldocultural Perspectives)の中の一章では、「Breastfeeding:

文化人類学者のキャサリン・デトワイラーは、「Breastfeeding: Biocultural Perspectives」(Aldine de Gruyter, 1995)という本の中の一章で、マリの友人に胸を使った性的前戯について話したところ、「困惑から恐怖までの反応」を得たと述べています。”

「いずれにしても、彼らはそれを不自然で変態的な行為とみなし、男性が女性の胸に性的興奮を覚えることも、女性がそのような行為を快感と感じることも信じられないと考えていました」とデトワイラーは書いています。

文化的な見解では、男性は生物学的に胸に惹かれるというよりも、幼い頃から胸をエロティックなものと感じるように訓練されているのです。 長い垂れ下がった胸を好むようにも、直立した半球状の胸を好むようにもなるでしょう。 また、大きな胸を好むようにもなります」とDettwyler氏は書いています。

たとえ胸への興味に生物学的な裏付けがあったとしても、それは文化によって異なるかもしれません。 2011年に行われた研究では、パプアニューギニア、サモア、ニュージーランドの男性の胸の大きさ、対称性、乳輪の大きさや色に対する好みを比較したところ、パプアニューギニアの男性は他の2つの島の男性よりも大きな胸を好むことがわかりました。 パプアニューギニアの男性は、サモアやニュージーランドの男性よりも自給自足の文化を持っているため、この結果は、物資が不足している地域では、パットの入ったバストラインは、妊娠や育児のための蓄えがある、栄養状態の良い女性を示すものであるという考えを支持するものである、と研究者は書いています。 乳輪の大きさや色の好みは、文化によって大きく異なることがわかりました。

性的な余興?

もちろん、乳房の主な仕事は子孫を育てることです。

複雑な社会的行動の神経学的基礎を研究しているエモリー大学の精神医学教授、ラリー・ヤング氏は、人類の進化は、もともと授乳中の母子の絆を強めるために進化した古代の神経回路を利用し、今ではこの脳回路を使って夫婦間の絆も強めていると考えています。 その結果は?

授乳中に女性の乳首が刺激されると、「愛のクスリ」として知られる神経化学物質オキシトシンが脳に流れ込み、赤ちゃんに注意と愛情を集中させることができます。 しかし、ここ数年の研究で、この回路は、人間においては、乳児だけのものではないことがわかってきました。

最近の研究では、大多数の女性が乳首を刺激すると性的興奮が高まり、膣やクリトリスへの刺激と同じ脳領域が活性化されることがわかってきました。 ヤング氏によると、性的パートナーが女性の乳房を触ったり、マッサージしたり、かじったりすると、赤ちゃんが授乳するときと同じように、女性の脳内でオキシトシンが放出されます。

つまり、男性は、前戯やセックスの際に女性の胸を刺激することで、自分の魅力を高めることができるのです。 進化は、ある意味、男性にこのようなことをさせたのです。 ヤング氏によると、この理論は “とても理にかなっている “とのことです。

胸への魅力は、「ストレートの男性が思春期を迎えたときに起こる脳の組織化効果です」と、ヤングはLive Scienceに語っています。 “進化は、性的な文脈で胸に惹かれるような男性のこの脳組織を選択してきました。結果として、女性の結合回路が活性化され、女性が彼との結合をより強く感じるようになるからです。 女性の母性結合回路を刺激するために、男性が進化させた行動なのです。”

では、なぜこのような進化的変化が、他の授乳中の哺乳類ではなく、人間で起こったのでしょうか? ヤング氏は、哺乳類の97%がそうでないのに対し、人間は一夫一婦制の関係を築いているからだと考えています。 “次に、人間は直立しており、対面でセックスをするので、セックスの際に乳首を刺激する機会が多いことも関係しているかもしれません。 一夫多妻制のハタネズミなどでは、乳首は地面に向かって垂れ下がり、ハタネズミは後ろから交尾するので、これは進化しなかったのです」と述べています。 “

Young氏によると、男性の乳房への執着についての競合する理論は、精査に耐えられないそうです。 例えば、男性が胸の大きい女性を選ぶ傾向があるのは、その女性の胸の脂肪が赤ちゃんを育てるのに適していると考えているからだという主張は、卵子に比べて「精子は安価」であり、男性が選択する必要がないことを考えると、不十分です。

しかし、進化論的な乳房の説明と同様に、ヤングの理論は文化的な論争に遭遇します。

「進化生物学者が行動や感情の普遍的な理由を提案するときにいつも重要なのは、文化的な違いはどうなのかということです。

ヤング氏は、前戯の際の乳房への刺激について、文化の違いによる乳首とオキシトシンの結合ループの重要性を否定するには、十分な研究がなされていないと答えています。 注目すべきは、男性も乳首への刺激を好む場合があるということです。 2006年にJournal of Sexual Medicine誌に掲載された研究によると、英国の大学生男性の51.7%が乳首への刺激に興奮すると回答しています。 また、女性の約82%も同様に答えています。

しかしながら、男性の乳首の神経支配についてはあまり知られていないため、乳首への刺激が性的興奮にどのように寄与するかについての研究は不足している、と研究者は書いています。 本当の問題は、なぜ女性の乳房がこれほどまでにフェティッシュになるのかということではなく、なぜ男性の胸にあるものについてもっと質問しないのか、ということなのかもしれません。

この記事は2012年9月26日に初版が発行されましたが、男性が胸を好きになる理由についての研究や情報が追加されました。

最近のニュース

{{articleName }}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です