National Endowment for the Arts

Bio

John Birks “Dizzy” Gillespieがジャズに与えた影響は計り知れません。

ガレスピーの父親はアマチュアのバンドリーダーで、ガレスピーが10歳になる頃には亡くなっていましたが、息子に音楽の基礎を与えていました。

Gillespieのプロとしての最初の仕事はFrankie Fairfaxというバンドで、その突飛な行動からDizzyというニックネームがついたと言われています。 彼が最も影響を受けたのはロイ・エルドリッジであり、後にテディ・ヒルのバンドで代役を務めた。 1939年から41年にかけて、ガレスピーはキャブ・キャロウェイのバンドで主要なソリストの一人として活躍したが、バンドスタンドでの悪ふざけで解雇されてしまった。 キャロウェイのバンドでは、キューバ人トランペット奏者のマリオ・バウザと出会い、彼からアフロ・キューバンのリズムに興味を持った。

1941年から43年にかけて、ガレスピーはフリーランスとしてアール・ファタ・ハインズなどのビッグバンドに参加していました。 ハインズのバンドには、1944年にガレスピーをトランペットに迎えて自分のバンドを結成した歌手のビリー・エクスタインなど、ガレスピーがビバップの発展のために交流することになるミュージシャンがいました。

1945年は、ビバップとガレスピーにとって非常に重要な年でした。ガレスピーは、パーカーと一緒に「ソルト・ピーナッツ」などの小編成のヒット曲を録音し、自分のビバップ・ビッグバンドを結成します。 経済的に苦しい中、彼はこのバンドを4年間続けることができた。 彼のトランペット演奏は絶頂期にあり、速攻で音を出し、驚異的な和音の幅を持っていた。 ガレスピーのビッグバンドには、サックス奏者のジーン・アモンズ、ユーセフ・レイトフ、ポール・ゴンサルベス、ジミー・ヒース、ジェームス・ムーディ、ジョン・コルトレーンなど、後に偉大な音楽家となる人物が数多く参加していた。

彼は1956年から国務省のツアーに参加し、様々なバンドを世界各地に連れて行きました。このツアーは、アメリカ政府がジャズに対して初めて経済的な援助と評価を与えたものでした。

1956年、アメリカ政府が初めて経済援助を行い、ジャズが認められたときから、国務省のツアーに参加したガレスピーは、仕事をするだけでなく、ビッグバンドのアレンジにアフロ・キューバンのリズムを取り入れるなど、さまざまな民族的要素を自分の音楽に取り入れるようになりました。

Selected Discography

The Complete RCA Victor Recordings 1937-1949, Bluebird, 1937-49
Dizzy’s Diamonds, Verve, 1954-64
Birk’s Works: Verve Big Band Sessions, Verve, 1956-57
Gillespiana/Carnegie Hall Concert, Verve, 1960-61
Max + Dizzy, Paris 1989, A&M, 1989

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です