More Articles

スキニーという言葉が世界を支配していた時代は終わりました。 夢のようなデレデレの太ももを手に入れるには、ちょっとしたライフスタイルの変化が必要です。 太ももやお尻の筋肉を鍛えることと、食生活を見直すことを組み合わせればいいのです。

食生活の見直しです。 太ももやお尻の筋肉組織を増やすには、より質の高いカロリーを摂取する必要があります。 加工食品、精製された穀物製品、脂肪分の多い肉類、ファストフードはやめましょう。 代わりに、果物、野菜、赤身の肉、魚、全粒粉、種子、食物繊維の多い食品、低脂肪の乳製品を体に摂り入れましょう。

食事は1日5〜6回に分けて摂りましょう。 体は一日中、筋肉を作っているので、常に燃料を必要とします。

週に2回、30分以内の有酸素運動をしましょう。 短時間の有酸素運動は、新陳代謝を高め、体が筋肉組織を作るのを助けます。 このルーティンを守り、やりすぎないようにしましょう。

ワークアウトにお尻の運動を取り入れてみましょう。 例えば、スクワット。

例えば、スクワットです。 ゆっくりと膝を曲げて、膝が完全に曲がるまで体を下げます。 3~5秒キープします。 再び真っ直ぐに立つまで膝を伸ばします。 これを15回繰り返します。 1日3セットを目安に行います。 これにより、臀部の筋肉を鍛え、引き締めることができます。

運動の中に、上肢の運動を取り入れてみましょう。

ワークアウトに上肢の運動を取り入れ、上肢のすべての筋肉をバランスよく使いましょう。 ハムストリングス、大腿四頭筋、外転筋(太ももの外側)、内転筋(太ももの内側)を鍛えましょう。 特定の脚の筋肉に過剰な注意を払うと、筋肉のバランスが崩れてしまいます。 例えば、ライイング・アブダクションです。 太ももの内側の筋肉に効きます。 横向きに寝て、片方の腕に頭を乗せ、もう片方の腕を腰の上に伸ばし、お尻を重ねて、足を体からまっすぐ伸ばします。 上側の脚を下側の脚から2インチほど離してゆっくりと上げる。 両脚が45度の角度になるまで、上側の脚をもう一度上げます。 下側の脚と接触しないように、上側の脚をゆっくりと下げたり上げたりする。 これを15回繰り返す。 脚を交互に動かす。 1日5セット行います。

水をたくさん飲みましょう。 筋肉組織は75%が水でできています。 水分を多く摂る必要があるのは当然です。

注意事項

食生活や運動量を変えようとするときは、必ず医師に相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です