Martin Luther’s Death House

ルターは1546年1月23日、マンスフェルト家の相続争いを解決するために、ハレからアイスレーベンに向かった。 1546年1月23日、ルターはハレからアイスレーベンに向かい、マンスフェルト家の相続問題を解決しようとしたが、この調停は長引き、その間、ルターは胸の痛みに悩まされた。 1546年2月17日になってようやく遺産相続問題が解決し、その日の夕食でルターは「いよいよ棺の中で横になって眠り、虫たちにおいしい食事をさせてやろう」とコメントした。 胸の痛みは悪化の一途をたどり、多くの薬が試されたが、効果はなかった。 彼の最後の時間には、息子のポール・ルターを含めて20人以上の人が彼と一緒にいたと言われている。 神学者のユストゥス・ヨナスは、ルターの信奉者たちが受け入れていたルターの死因を記録している。 それによると、ルターは祈りを唱え、主に自分の魂を取ってくれるように懇願し、その後、感覚が薄れていったという。 1546年2月18日、ルターは62歳の若さで亡くなった。

マルティン・ルターがどのように死んだのかという問題は、プロテスタント宗教改革の行方を占う上で欠かせないものとなった。 ローマ・カトリック教会は、「死に方が人生を証明する」「悪魔は人生の最後の瞬間を、個人を誘惑する最後のチャンスとする」と説いていた。 ルターの死の直後、カトリックのパンフレットが急速に広まり、ルターは酒を飲んで死んだとされた。 ルターの家来の一人であるアンブロジオ・クッドトフェルドは、ルターが首を吊ったと証言し、彼が語ったルターの容貌の詳細の一部は裏付けられた。 ルターが最後に休息した場所は、1707年に禁止されるまで、プロテスタントの信仰者たちの礼拝の場となり、彼らはこの家を巡礼した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です