Insulins

Key: CSII = 持続的皮下インスリン注入、inh = 吸入、IV = 静脈内注入、SC = 皮下注入

1 組換え型(大腸菌使用)

2 組換え型(S. cerevisiae使用)

3 組換え型ヒトインスリンアナログ(大腸菌使用)

4 適切な医師の監督の下、臨床現場で使用されるIV

4 適切な医師の監督の下、臨床現場で使用されるIV

5 組換え型ヒトインスリンアナログ

6 組換え型ヒトインスリンアナログp

4 適切な医師の監督の下、臨床現場で使用される静脈注射

5 Humalog U-100のみ静脈注射およびCSII投与

6 組換えヒトインスリンアナログ(P.pastoris使用)

インスリンおよびインスリンアナログの作用時間の経過は、個人または同一個人内で大きく異なる場合があります。 全ての時間はおおよその目安です。 インスリン活性のパラメータ(発現時間、ピーク時間、持続時間)は、一般的なガイドラインとしてのみ考慮する必要があります。 注射製剤の発症は常にSCルートの場合です。 また、入院中または医師の厳重な監視下にあるインスリン抵抗性患者のために、ヒュムリンR(濃度500Units/mL、SC注射専用)がリリー社から処方されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です