How To Run Your RV On 30 Amps

How To Run Your RV On 30 Amps

長年にわたってRVに電力を必要とする機器や装置が追加されてきたため、50アンペアのRVプラグを使用するリグが一般的になってきました。 このため、50アンペアのRVプラグを使用するRV車が一般的になっています。 残念ながら、国内の多くのRVパークは、30アンペアが一般的だった頃に配線されており、まだパークシステム全体を50アンペアと30アンペアの両方のプラグがあるようにオーバーホールしていません。

30アンペアのソケットが一般的になっていることを考えると、50アンペア定格のRV車を30アンペアのソケットに差し込んだ場合、走らせることができるのでしょうか? 答えはイエスですが、複雑です。

RVの電気の基礎

多くの人は電気と聞くと、ものすごく難しい科学で、膨大な量の方程式があると思います。 また、電気を、自分たちの機器を動かすために壁の中を流れる魔法のようなものと考えたいと思っている人もいるでしょう。

電気技術者は、多くの学校教育を受け、多くの公式、法律、原理、歴史を知らなければなりません。

電気技術者は多くの学校を卒業し、多くの公式、法則、原理、歴史を知らなければなりません。電線の中の電子をどのようにして一方向に流すか、またどのようにして思い通りに流すかという細かい点まで理解しなければなりません。

幸いなことに、RVユーザーは電気の仕組みや、発電所から電柱までの道のりを理解する必要はありません。 その部分は魔法を使い続けることができます。 使い方がわかればいいのです。 例えば、テレビがどのようにして画面に映像を映し出すのかは知らなくても、電源の入れ方やチャンネルサーフィンの仕方は知っていますよね。

RVユーザーとして知っておくべきことは、電気は電源ポストから供給され、電圧で測定された圧力で電線を流れ、3つのスピードがあるということです。

ボルトとアンペアとは

アンペアとは電流の大きさのことです。 電気は、ホースの中の水のようなものだと思ってください。 例えば、ホースの先にスプレーノズルが付いていて、そこに水を入れるとします。 ホースの中には水が入っていて、ホースには圧力がかかっています。

例えば、ホースの中には120psiの圧力がかかっているとします。

電気も水やホースと同じような働きをします。 しかし、水ではないので、psiでは測りません。 電線の中を移動するという点では水と似ていますが、配管で経験したような物理的な圧力をかけずに動きます。 物理的な圧力ではなく、この魔法の電気圧力を「VOLTS」と呼んでいます。

ホースと同じように、RV車の電気ラインは約120ボルトの圧力で「加圧」されていると考えてください。 何かを接続してスイッチを入れると、電気は約120ボルトで電気機器に押し込まれます。

ホースの中の水は、一定の速度でホースの中を流れています。

ホースの中の水は、一定の速度で流れています。 時間の単位に関係なく、ホースの中を流れる水の速さを知ることができます。

Watts is a unit of power

電気機器が作動し続けるためには、一定の量の電力を供給する必要があります。 これをワット(WATTS)で表します。

動作に必要なワット数を得るためには、十分なボルト(圧力)があり、十分なアンペア(速度)で電気を押して、電力量(ワット)を継続的にデバイスに供給する必要があります。

30アンペア vs 50アンペア

ホースに例えると、120psiは、直径1インチのホースを、直径0.5インチのホースよりもはるかに速く流すことができます。 電線の場合、50アンペアのRVプラグは、30アンペアのRVプラグよりもはるかに速く電力(ワット)を供給することができます。

アダプターを使って50アンペアのRVプラグを30アンペアのソケットに差し込むと、最大速度が30アンペアに制限されてしまいます。 1分間に合計40ガロンの水を必要とする複数の機器に水道ホースを接続した場合、ホースの直径が1分間に30ガロンしか押せなかったらどうなると思いますか? ホースが故障するか、機器が故障するか、あるいはその両方かもしれません。 どちらか一方にダメージを与えることになるかもしれません。

電気の話に戻りますが、30アンペアのソケットに接続することは、必ずしもそれを実行できるかどうかではなく、同時にいくつのものを実行するかという問題です。 これはおおよその目安です。 実際には、いくつかの要因によって、RVパークでは5~10ボルト、時にはそれ以上の差があります。

RVのソケットの一つに電圧計を接続しておくと、パークがどのくらいの電圧を出しているのかがわかって便利です。 アンペア数の議論はさておき、公園では少なくとも109ボルトを供給する必要があります。 それ以下になるとA/Cコンプレッサーなどを破損する危険性が高くなります。

上記の方程式で、もし1000ワットの電子レンジを動かしていたら、方程式は次のようになります:

1000ワット / 120ボルト(または電圧計が示す値) = 8.3アンペア

キャンプ場が出している電圧を知ることは、電化製品を動かすのに必要なアンペア数に直接影響するので重要です。

1000ワット÷110ボルト=9アンペア

その差はそれほど大きくはありませんが、場合によっては、電化製品が動くか、ブレーカーが落ちるかの違いになります。

手持ちの電化製品をひとつひとつ見て回り、そのワット数をおおよそのアンペア数に変換してみましょう。

各電化製品のワット数をおおよそのアンペア数に換算して、その電化製品にその数字を書いたテープを貼り、動いている機器のアンペア数を加算します。

別の方法としては、電化製品のワット数をおおよそのアンペア数に換算する方法があります。

もう1つの方法は、使用されているすべてのワットを加算して、利用可能なワット数を知ることです。

amp * volts = watts

30 amps * 120 volts = 3600 max watts can be used.

ここで、50アンペアRVプラグのちょっとした秘密をお教えしましょう。 正確には50アンペアではありません。 電源ポストでは240ボルトに配線され、2つの50アンペアブレーカーに分けられています。 そのため、50アンペアのプラグには4つの突起があり、30アンペアのプラグには3つの突起があります。 余分なプロングは2つ目の120ボルトの接続を行い、合計240ボルトになります。 50アンペアのRVプラグは240ボルトをブレーカーボックスに送り、そこで2つの120ボルトシステムに分割します。

50アンペア * 240ボルト = 12000ワット

さて、一般的な電化製品を見て、どのくらいのワット数を必要とするのか見てみましょう。 それを30アンペアシステムの能力と比較して、それを動かすことができるかどうかを考えます。 なお、RV車のほとんどの家庭用ソケットは15アンペアまでしか対応していないことを覚えておいてください。 RV内の一つのソケットに120ボルトで1800ワット以上の負荷をかけるのは決して良い考えではありません。

td

td

r

家電製品 負荷範囲(ワット) 平均負荷(ワット)
エアコン(各) 1400-2000 1700
バッテリーチャージャー 最大で2,000 1000
DCコンバーター 300-1200 750
冷蔵庫 600-1000 800
電子レンジ 1000-td1500 1250
電気フライパン/中華鍋 1000-1500 1250
電気ストーブエレメント 530-1500 675
電気湯沸かし器(6ガロン) 1000-td1500 1250
電気アイロン 500~1200 850
ヘアードライヤー 500-1500 1000
電気コーヒーポット 550-750 650
テレビ(CRT) 200-600 400
ラジオ 50-200 125
電気ドリル 250-750 500
電気ほうき 200-?500 350
電気毛布 50-200 125
携帯用ヒーター(セラミック) 1500-750 1500
トースター 1200
フードプロセッサー 720 720
ハンドバキューム 240
クロックポット 230
230
衛星放送受信機 200 200
ヒーティングパッド 60
30アンペアでRVを走らせるということは、電力使用量を把握する必要があります。 Chart from https://www.rvtechlibrary.com/electrical/applianceloadchart.php

30アンペアのプラグは、約3,600Wの電力を利用できることを念頭に置くと、エアコン1台、冷蔵庫、電気温水器を一度に動かすのに十分な電力があるように見えます。

ブレーカーが落ちる前にもう少し絞れるかもしれませんが、それは無理な話です。

このリストをよく見ると、30アンペアでどうやって仕事をしたり、料理をしたり、娯楽をしたり、涼をとったりできるのか不思議に思えてきます。 要するに、ちょっとした優先順位付けが必要なのです。

例えば、多くの冷蔵庫はプロパンガスか電気で動きます。 冷蔵庫をプロパンに切り替えれば、使用するワット数を減らすことができます。 また、電気温水器も同様です。

すべての電化製品のワット数を記録し、どれだけの大きなワット数のものが一度に動いているかを把握しておくのもいいでしょう。 エアコンや電気暖房も忘れずに記入しましょう。

How to run an RV on 30 amps

さて、ワット数の使用状況を把握する方法をよく理解したところで、今度は30アンペアの使用を容易にする方法について説明しましょう。

まず、50アンペアのRVプラグを30アンペアのソケットで使うために必要なのがアダプターです。 この特殊なプラグは、コードのどちらかにある丸いプラグの形が犬に与える骨に似ていることから、ドッグボーンと呼ばれることもあります。

50アンペアのRV車であれば、50アンペアのメスから30アンペアのオスに変換するドッグボーンを用意するとよいでしょう。 つまり、50アンペアのRVプラグはメス側に、30アンペアのオス側はRVパークの電源ポストに差し込みます。

50アンペアから30アンペアへの「ドッグボーン」アダプターを使えば、RV車を30アンペアで走らせることができます。

使用可能な電力は3,600ワットしかないことを忘れないでください。 そのためには、何が動いているかを頭の中で整理しておくことが大切です。 つまり、エアコンをつけてノートパソコンで仕事をしているときに、電気湯沸かし器や洗濯乾燥機を同時に動かすべきではないということです。

可能な限りプロパンガスで電化製品を動かすのも良いアイデアでしょう。

エアコンと30アンペア

上の表から、A/Cユニットがワット使用量に関して最も悪い違反者の1つであることに気づいたかもしれません。 しかし、それは話の半分に過ぎません。

A/Cユニットが最初に起動するときには、大量の電力を消費します。 上の表を見ると、大型のエアコンでは約2000ワットもの電力を使用していることがわかります。 これは起動時の数字です。

また、上の表を参照すると、A/Cユニットが起動するときに基本的に何か他のものを動かしている場合、30アンペアのシステムに負担をかけている可能性が高いです。 よくても、公園のブレーカーが落ちる危険性があります。 最悪の場合、A/Cモーターが始動するのに十分な電力を得ようと奮闘するたびに、ユニットの寿命が短くなります。

SoftStartRVユニットを手に入れる

SoftStartRVデバイスをA/Cユニットにインストールすることは、30アンペアのソケットから50アンペアのRVを運転することになると、ケーキを食べているようなものです。 起動時のアンペア数を最大70%削減することができます。

つまり、一度は1500ワットの電力を使うエアコンでも、起動時にはその1500ワットを超えない可能性があるということです。

SoftStartRVは、2台目のA/Cユニットを30アンペアで起動します

SoftStartRVユニットを使用することで、電源を切る必要がありません。

ソフトスタートRVユニットを使用することで、コーヒーを淹れるたびにエアコンをオフにする必要はありません。

SoftStartRVのもう1つの優れた点は、自分で行うプロジェクトに最適なことです。

「取り付けはとても簡単です。

「取り付けは非常に簡単で、5本のワイヤーと簡単な取り付け手順に従うだけで、すぐに完了します」

SoftStartUSAのウェブサイトによると、

SoftStartRVを取り付けることで、他にもいくつかの利点があります。 エアコンの起動時に「ドーン」という大きな音がすることに気づくかもしれません。 人によっては、それが目を覚ますほど大きな音になることもあります。

Can you run it?

では、50アンペアのRVプラグを30アンペアのソケットに差し込むことに関しては、それを実行することができます! ただ、何ワットまたは何アンペアを使用しているかを確認する必要があります。

30アンペアのソケットに差し込んだ状態で、3600ワットまたは30アンペア以上を使おうとしないでください。

RV電気のヒントについては、RV LIFEの記事をご覧下さい。 How Long Will My Batteries Last In Amp-Hours?

この記事には、Amazonのアフィリエイトリンクが含まれています。 Levi Henley

Levi Henley氏と妻のNatalie氏は、26フィートのモーターホームで国中をワークキャンプしています。 RV専門誌への寄稿のほか、最近では二人の初の著書『Seasonal Workamping for a Living』を出版しました。 HowWe Did It」を出版しました。 彼らは自身のブログhenleyshappytrails.comや、YouTubeチャンネル(Henley’s Happy Trails)で、自分たちの経験やRV関連のヒントを紹介しています。 Levi Henleyのすべての投稿を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です