How to Go to Bed Early

睡眠、甘い眠り。 何をしても足りず、スッキリとした目覚めが得られないと感じることがよくあります。 どうしたらいいのでしょうか? 多くの場合、その答えは、お母さんがいつも言っていたアドバイスのように簡単です。 早く寝なさい!」ということです。 しかし、早く寝ることは、言うは易く行うは難しです。

Pamper Yourself

寝る気になるための手っ取り早い方法は、自分に楽しみを与えることです。 着るのが待ち遠しいパジャマや、寝室を5つ星ホテルのようにする豪華なシーツセットなどです。 シーツは、綿、竹、麻などの天然素材を使ったものを選ぶと、汗を吸い取ってくれます。 また、シーツの糸の数は多すぎてはいけません。

サーモスタットのプログラム

人は、華氏60〜67度の涼しい温度で最もよく眠ります。 また、体温は眠る準備をしている間に自然と下がっていきます。 温かいお風呂に入ると眠くなるのはそのためです。 日中、サーモスタットの温度を高めに設定している人は、スマートサーモスタットを設定して、毎晩一定の時間に家の温度を下げることで、体に就寝時間を知らせることができます。
アロマテラピーディフューザーを使ってみよう

自宅のベッドルームにスパのような癒しをもたらすには、アロマテラピーを試してみてはいかがでしょうか。 適切な香りは、心と体をリラックスさせ、眠りにつく準備を整えてくれます。

音楽でリラックス

子守唄は赤ちゃんだけのものではありません。 心地よい音楽は、大人がリラックスして早く眠りにつくのに役立ちます。

ベッドに本を持っていく

そう、紙でできた本物の本です。 最近では、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどの電子機器でほとんどの読み物を手に入れることができますが、それらが発するブルーライトのせいで、夜眠れなくなることがあります。

電球をアップグレードする

照明といえば、エネルギー効率の高いLED電球の新技術により、就寝時間に近づくにつれ、照明が自動的に暖かくなり、ブルーライトの放射が少なくなるようにプログラムすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です