How many flights does it take to the stair-climbing to qualify a workout?

階段を登ることに関しては、CNタワーの1,776段の階段が非常に高い挑戦であることは否定できません。 ありがたいことに、ほとんどの職場では、階段を使うことが奨励されていても、従業員が毎朝144段の階段を上ることは求められていません。

では、階段を上ることがワークアウトとして認められるには、何段必要なのでしょうか? ほとんどの職場の健康プログラムでは、長期的な視点からのメリットを強調し、たとえ1段でも定期的に階段を使うことを従業員に促しています。 健康と長寿を目指すなら、ハーバード大学の卒業生を対象とした健康調査では、週に10~19段(1日2~4段)の階段を上ることで、死亡リスクが減少することが報告されています。

生理学的に見ても、エレベーターやエスカレーターを利用するときに比べて、階段を使うときには多くのことが行われます。 特にエレベーターやエスカレーターを利用するときに比べて、階段を利用するときには、下半身のほとんどの筋肉が階段の上り下りの際に使われます。

しかし、これは一度に2、3段以上の階段を登ったことのある人なら誰でも知っていることです。

しかし、これは2、3回以上のフライトを経験した人にとってはニュースではありません。

しかし、これは2、3階以上の階段を登ったことのある人なら誰でも知っていることです。

階段を使うことによる健康とフィットネスの効果を実感したい人は、何を目標にすればよいのでしょうか。 研究結果によると、1週間に30〜160分、8〜12週間かけて階段を勢いよく上ることで、心肺機能を高めることができるとされています。 しかし、より短く、より激しい運動をするという傾向に合わせて、マクマスター大学の研究チームは、24人の大学生を募集し、短時間で高速の階段インターバルを連続して行いました。 学生たちは、1日3回、3段の階段(60段)を登り、1~4時間の休憩を挟むというプロトコルを週3日、6週間にわたって実施しました。

同じくマクマスター大学の研究チームが行った別の階段登りの研究では、2組の被験者が参加しました。

マクマスター大学の研究チームが行った別の研究では、2組の被験者を対象に、20秒間の階段昇降(約3階から4階分)を3回行い、各回の間に2分間の休憩を挟みました。 もう1つのグループは、1段または2段の階段の昇降を60秒の間隔で繰り返し、3回行いました。

20秒と60秒のインターバルトレーニングでは、心拍数の反応とフィットネスの向上は同じでしたが、被験者は1段または2段の階段を上り下りする60秒のインターバルよりも、階段を上り下りする20秒のインターバルを繰り返すトレーニングを好みました。

マクマスター大学の研究は、毎週のフィットネスの目標を達成するために、シンプルでアクセスしやすく、時間効率のよいワークアウトを探している人々にとって、フィットネスの選択肢を増やすものです。

今回のマクマスター大学の研究は、毎週のフィットネス目標を達成するために、簡単でアクセスしやすい時間効率の良いワークアウトを探している人々にとって、選択肢の一つとなりました。

しかし、階段昇降が優れたワークアウトであるのは、健康やフィットネスの向上につながる可能性があるからだけではありません。 階段を上ることは、日常的な機能としてバランスと敏捷性を必要としますが、これらは何十年も経つと衰えていきます。

自宅やオフィスでは、最低でも20秒(約60段)は上り続けることができる階段や、急な方向転換にも対応できる1段または2段の階段を利用しましょう。 そして、時間がない日には、その階段を利用しましょう。 簡単なウォームアップの後、20秒または60秒の階段昇降を3回行い、1〜2分程度の短い休憩を挟むことで、従来のトレーニングの代わりにすることができます。 職場や自宅の階段を制覇したと思ったら、次はCNタワーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です