How Long Should You Wait To Seal Grout?

グラウトとは何か? さて、これは興味をそそられる質問ですが、この質問の最も興味深い要素は、住宅所有者がそれが何であるかを説明するために使用する様々な印象です。

たとえば。

  • 「シャワーの壁についている汚いもの」
  • 「タイルからにじみ出ている汚い泥のようなもの」
  • 「タイルからにじみ出ている汚い泥のようなもの
  • ‘The dirty mud-like material oozing from our tiles’
  • ‘the reason that we have to scrub our tiles all the time’ “or”…
  • ‘mucky stuff on the floor’

brown files with grout

Grout, これは、建築物の表面にある隙間や開口部を埋めるための優れた材料です。 基本的な成分は、水、セメント、砂です。

しかし、グラウトはそれだけではありません。

しかし、グラウトはそれだけではなく、建材の根深い空洞を埋めるためにも使用されます。例えば、コンクリートブロックの空洞や壁の穴を埋めるためにも使用されます。

グラウトをシーリングする前に、いつ、どのくらいの時間が必要なのかという明確な期間はありません。 メーカーの指示によって、2、3時間という短いものから2、3週間という長いものまであります。 タイルの場合は、まずタイルにグラウトを施します。

Time Frames for Grout Sealing

グラウトメーカーは、グラウトを1~2週間硬化させるように指示してきます(シーラーの説明書に記載されています)。 グラウトを硬化させる時間、シーラーが乾いてから床を歩くまでの時間、シーラーを塗布するタイミング、タイルに水を触れさせるタイミングなど、すべて説明書を見れば明らかです。 タイルを設置してから水に浸すまでには7日間の待機期間があります。

ほとんどのシーラーは5時間以内に乾きますが、中には2日以上かかるものもありますので、念のため48時間待ってから通行を許可することをお勧めします。 シーラーが乾いたかどうかわからない場合は、グラウトラインに数滴の水をかけてテストしてみてください。 グラウトラインに水滴が溜まっていれば、問題ありません。

groutmagnificent.comのMagnificent Professionalsは、迅速かつ専門的な技術者であり、お客様のグラウティングやシーリングに関する問題をいつでも解決するお手伝いをいたします。 今すぐお問い合わせください!

p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です