How does freezing rain form?

ウィスコンシン州南部では、休暇が始まる直前に氷雨や氷結を経験しました。

雲から落ちてくる粒子が降水として地表に到達するとき、主に雨、雪、氷雨、みぞれとして降ります。

私たちが住んでいる地域では、降水粒子の多くは形成時に一度は凍っていますが、地表での降水の種類を決めるのは、雲底と地面の間の温度です。

雲の下から地上までの温度が氷点下であれば、氷の結晶は溶けずに雪となります。

雲の下から地上までの温度が氷点下であれば、氷の粒子は溶けて液滴となり、これが雨となります。

氷嵐は、降水粒子が溶けて、地上付近の氷点下の空気の層を通って落ちてきます。

氷雨は、地表にごく浅い寒気の層があり、溶けたばかりの雨粒が、氷点下の地面に露出した物体に触れると凍ってしまいます。

みぞれは、地表にある氷点下の空気の層が上に伸びて、雨粒が小さな氷の球になって凍ったものです。

みぞれが地表に落ちても、跳ね返るだけで、物を氷で覆うことはありません。

凍てつく雨は、気象現象の中で最も事故率や死亡率の高い降水タイプです。 事故による死亡者数は雪のイベントの方が大きいのですが、それは雪の方がFreezing Rainよりも多いからです。 ウィスコンシン州南部では、年間平均20時間程度しか凍結雨が発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です