GnRH注射

2012年の生産者からの質問

Q: CIDR挿入時にGnRH注射をすると牛はどうなるのでしょうか? (2012年5月2日)

A: GnRHは下垂体前葉からLH(黄体形成ホルモン)を放出させます。 生産者が発情同期化プログラムで使用するGnRHの例としては、Cystroelin、Factrel、Fertagyl、Ovacystなどがあります。

牛や雌牛の卵巣に大きな卵胞(直径10mm以上)が存在する場合、GnRHはGnRH注入後約24~30時間後にこれらの卵胞の排卵を誘発します。 この排卵は、黄体がプロゲステロンを産生しているか、またはCIDRを挿入して雌が発情の兆候を示さないようにしているため、雌が発情の兆候を示すことなく行われます。

詳細については、Estrous Cycle Learning ModuleやUNL Extension publication Synchronizing Estrus in Beef Cattle, EC283 (PDF 1.18MB)を参照してください。

Dr. Rick Rasby リック・ラスビー博士(University of Nebraska-Lincoln, Lincoln, NE)

動物科学教授

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です