Gestational surrogacy

妊娠中の代理出産は、特定の明確に定義された医学的問題(通常は子宮が存在しない)を持つ女性が、自分の遺伝的な子供を持つために利用できる治療法である。 体外受精(IVF)により、依頼主である夫婦の配偶子から胚を作り、その胚を代理母の子宮に移植する。 子宮がない、流産を繰り返す、体外受精の失敗を繰り返す、特定の病状などが治療の適応となります。 妊娠サロガシーによる治療は簡単で、委託母体に対する通常の体外受精の手順に沿って、新鮮な胚または凍結融解した胚を代理母体に移植します。 若い女性から採取した胚を、健康で繁殖力のある若い女性に移植することから予想されるように、治療の結果は良好です。 大規模なシリーズで達成された臨床的な妊娠率は1回の移植につき最大40%であり、シリーズでは60%のホストが生児を出産したと報告されている。 代理出産で発生した倫理的・法的問題の大半は、自然または部分的な代理出産の手配によるものです。 妊娠中の代理出産の経験では、合併症はほとんどなく、子供、委託カップル、代理出産者のフォローアップの初期の結果は安心できるものでした。 結論として、妊娠中の代理出産はヨーロッパのいくつかの国とアメリカで行われています。 治療の結果は満足のいくものであり、倫理的または法的に重大な合併症の発生は限られています。 したがって、体外受精による代理出産は、そうしなければ自分の遺伝子を持つ子供を持つことができない一部の女性にとっては、成功した治療法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です