Damian Lewis

Lewisはかつて車のアラームを売るテレマーケティングの仕事をしていましたが、これが大嫌いでした。 テレビに初めて出演したのは、イギリスのドラマシリーズ「A Touch Of Frost」(1993年)の初期エピソードに登場した、無愛想な学生役でした。 ロビンソン・クルーソー」(1997年)にパトリック・コナー役で出演。 ジョナサン・ケント演出の「ハムレット」にLaertes役で出演。

2000年に放送された「Hearts and Bones」シリーズでは、Dervla Kirwanの恋人役として出演しました。

その後、ルイスはITVシリーズ「The Forsyte Saga」でSoames Forsyteを演じ、好評を博しました。 アメリカに戻ったルイスは、ローレンス・カスダン監督の『ドリームキャッチャー』に出演しました。 主人公はアメリカ人ですが、憑依されるとイギリス訛りになります。 この役の後、彼は「Keane」に主演し、行方不明の娘を探す、精神状態の脆弱なマンハッタンの住人を演じました。

TVスペシャル「Jeffrey Archer」では、ジェフリー・アーチャーを演じました。 The Truth」に出演。 2004年以降、数多くの映画に出演し、2005年にはBBCが「ShakespeaRe-Told」シーズンの一環として、シェイクスピアの喜劇「Much Ado About Nothing」をテレビ化しました。 Lewisは、映画「Stormbreaker」にYassen Gregorovich役で出演しました。 2006年には、スティーブン・ポリアコフ監督のBBCドラマ「Friends and Crocodiles」に出演しました。 2006年11月10日、2009年5月1日、2010年11月18日、2012年4月9日、2014年10月31日と、BBCの「Have I Got News for You」にゲストホストとして数回出演しています。

2008年、ルイスは米国NBCのテレビシリーズ「Life」に主人公のチャーリー・クルーズ役で出演しました。 この番組は2007年9月26日にアメリカで初放送されましたが、2007-08年のアメリカ脚本家組合のストライキの影響を受けました。 第1シーズンの番組の半分しか制作されなかった。 それにもかかわらず、この番組は2008年のAFI賞の最優秀テレビシリーズ賞を受賞しました。

ルイスは翌年、弟のガレスが監督した映画「The Baker」に主役として出演しました。 翌年には、弟のガレスが監督した映画「The Baker」に主役として出演し、「The Escapist」ではリザという脇役を演じました。 2009年12月にロンドンのコメディ・シアターで上演された、マーティン・クリンプ演出のモリエールの喜劇「The Misanthrope」では、キャストを率いました。

2010年からは、BBCラジオ4で放送されている「Number 10」の2シーズンで、トーリー党の首相サイモン・レイティを演じました。

2011年に公開された映画「Will」では、11歳のLiverpool F.C.ファンの父親であるGarethを演じました。

2011年から2013年にかけて、ルイスはShowtimeのシリーズ「Homeland」でGunnery Sergeant Nicholas Brody役で出演しました。 2013年には、「Allie Byrne Esiriが開発した愛の文学のインタラクティブなアンソロジー」である「The Love Book App」の詩のナレーションを担当しました。

2016年からは、Showtimeシリーズ「Billions」で億万長者のボビー・アクセルロッド役で出演しています。

ルイスはドラマへの貢献により、2014年の誕生日栄誉賞で大英帝国勲章(OBE)のオフィサーに任命されました。

2021年2月、CBSテレビのジェームズ・コーデンとのインタビューで、ハリー王子は、Netflixの「The Crown」の今後のエピソードで、ルイスを自分役に起用することを冗談めかして提案しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です