Contributions of anterior cingulate cortex to behavior

実験動物やヒトにおける前帯状皮質の評価により、その構造的構成や哺乳類の行動への貢献について統一的な理論が得られている。 前帯状皮質は、脳梁の吻合部を中心とした大きな領域を形成しており、「前部実行領域」と呼ばれています。 この領域には、運動系への多数の投射があるが、これらの投射は前帯状皮質の異なる部分から発生しており、また、機能研究により、脳機能への貢献が一様ではないことが明らかになっているため、前部実行領域はさらに「感情」と「認知」の構成要素に細分化されている。 情動部門には、領域25、33と吻側領域24が含まれ、扁桃体や橋周辺灰白との広範な結合を持ち、その一部は自律神経の脳幹運動核に投射しているという。 自律神経や内分泌機能の調節に加え、条件付き情動学習、内的状態の表現に伴う発声、内外の刺激に対する動機づけ内容や情動価値の割り当ての評価、母子間の相互作用などに関与している。 認知部門には、尾側領域24’と32’、帯状溝にある帯状運動野、侵害受容皮質が含まれる。 帯状疱疹運動野は脊髄と赤核に投射し、前運動機能を持ち、侵害受容野は反応選択と認知的に要求される情報処理の両方に従事している。 帯状疱疹症候群は、前帯状皮質が運動、感情、社会的行動に果たす役割について、動物実験やヒトの機能イメージング研究から重要な裏付けを得ている。 硬膜下電極記録で前帯状皮質での発作が確認された症例では、帯状皮質の過剰な活動により、意識が損なわれ、感情の状態や表現が変化し、骨格運動や自律神経活動に影響を及ぼす可能性があります。 また、前帯状皮質てんかんの患者は、精神病質や社会病質を示すことが多い。 他の臨床例では、前帯状皮質の活動が上昇すると、チック、強迫性行動、異常な社会的行動の原因となることがあります。 逆に、梗塞や手術後に帯状皮質の活動が低下すると、動緘黙症、自己認識の低下や抑うつ、運動無視や運動開始の障害、痛みに対する反応の低下、異常な社会的行動などの行動障害の原因となります。 痛みに対する前帯状皮質の役割は、帯状疱疹切除術の結果や、有害な体性刺激を受けた際の機能画像研究から示唆されている。 前帯状皮質の情動部門は自律神経活動や内的な情動反応を調節し、認知部門は骨格運動や侵害刺激への反応に関連する反応選択に関与している。 全体として、前帯状皮質は、行動の開始、動機付け、および目標指向の行動において重要な役割を果たしていると考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です