Comfort Viewing:

The Cast

「Awesome Show」のゲストスターの多くは、伝統的な意味でのスターではありませんでした。 ハイデッカーとウェアハイムは、役者ではない人たちと限界のある「プロ」のレパートリーカンパニーを作り上げました。その中には、怪しげな才能を持つ腹話術師のデビッド・リーベ・ハート、ぎこちないメイクのスタンダップ・コメディアンのジェームズ・クオール、セーターを着たリチャード・ダンなど、奇妙で優しい性格のメンバーが含まれていました。

しかし、「Awesome Show」に出演していたプロの俳優たちは、21世紀のコメディ界を代表する顔ぶれです。 ウィル・フェレル、ポール・ラッド、ボブ・オデンカーク、ザック・ガリフィアナキス、パットン・オズワルト、マリア・バンフォード、ウィル・フォルテなどは、「Awesome Show」に出演した大物俳優のほんの一例に過ぎません。

ドラマでは、「ツイン・ピークス」のレイ・ワイズがゲストとして登場し、オスカー・ノミネートのジョン・C・ライリーが頻繁に登場することで人気を博し、彼が演じる奇妙で愚かな健康専門家(?)スティーブ・ブルル博士のスピンオフ・シリーズが作られました。 このようなカメオ出演は、非出演者と同様に、「この人たちは次に何をするのか、誰にするのか」というワクワク感を視聴者に与えてくれます。 “For your health!”

The Satire

「Awesome Show」ほど商業文化を軽蔑するテレビ番組は他にないと思います。 架空の製品ブランド「Cinco」を試金石として、ハイデッカーとウェアハイムは、人をまず第一に消費者として扱う文化の、インチキなセールスマン、使い捨てのガラクタ、企業の二枚舌を容赦なく攻撃しました–確かにスケッチ・コメディの標的になることはよくありますが、これほどまでに粗暴な言葉で攻撃されることはめったにありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です