Clinical investigationLungCT-based definition of thoracic lymph node stations: ミシガン大学のアトラス

目的:非小細胞肺がんのコンフォーマル照射で使用されるターゲットボリュームの再現性のある定義には、縦隔および肺門のリンパ節領域の正確な描出が不可欠である。 本研究の目的は、米国がん合同委員会(American Joint Committee on Cancer)の定義に基づいて、これらのリンパ節領域を描出するためのコンセンサスを得ることである。

方法および材料。 胸部専属の放射線科医、胸部外科医、医学物理士、3人の放射線腫瘍医が集まり、アキシャルCTスキャン上の縦隔および肺門の結節領域に対する3次元の放射線学的記述を作成した。 この論文では、MountainとDreslerによって記述されたリンパ節ステーションのほとんどのアトラスを提案している。

結果。

結論:リンパ節ステーション1-2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 10-11のCT境界を軸位CTで定義し、画像のイラストを添えた。 これらのCTベースのイラストによる定義は、放射線治療における偶発的な放射線を評価する臨床実践や研究のガイドラインとなるだろう。 ミシガン大学では、非小細胞肺癌患者が受けた結節の偶発的放射線を定量的に測定する研究が進行中である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です