CLIを使用してUbuntu 16.04を18.04 LTSにアップグレードする方法

LiondeでUbuntu Linux 16.04 LTSを使用しています。
はじめに:Ubuntuでは、Do-release-upgradeコマンドを使用してServer Editionのインストールをアップグレードすることを推奨しています。 このコマンドは update-manager-core パッケージの一部で、グラフィカルな依存関係はなく、デフォルトでインストールされます。 このページでは、Ubuntu Linux 16.04 LTSで推奨されているアップグレード方法を紹介します。

Ubuntu 16.04を18.04にアップグレードするための手順04

サーバーシステムでアップグレードする場合。

  1. Ubuntuボックスにログインする
  2. 重要なデータのバックアップを取っておく
  3. sudo apt updateを実行して現在のシステムをパッチする && sudo apt upgrade
  4. 再起動後、UFWのファイアウォールが一時的に無効になっているか、TCPポート1022が開いていることを確認してください
  5. Ubuntu 18.04 LTSを16.04 LTSからアップグレードするには、以下の手順に従ってください。16.04 LTSからUbuntu 18.04 LTSにアップグレードするには、sudo do-release-upgradeを実行してください
  6. 画面の指示に従ってUbuntu 18.04にアップグレードしてください

Ubuntu 16を18 LTSにアップグレードするためのすべてのコマンドと例を詳細に見てみましょう。04から18にアップグレードする方法

Ubuntu Linux 16.04から18.04へのアップグレード方法

既存のシステムをアップグレードするには、aptコマンドまたはapt-getコマンドを入力します。
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

カーネルがアップデートされている場合はLinuxボックスを再起動
$ sudo reboot
ufwでファイアウォールが動作している場合は、以下のufwの構文を使ってsshポート1022を開きます。
$ sudo ufw allow 1022/tcp comment 'Temp open port ssh tcp port 1022 for upgrade'

Ubuntu 18.04 LTSへのアップグレード方法。04 LTS にアップグレードする方法

コマンドラインから次のコマンドを入力して、オペレーティングシステムを最新のリリースにアップグレードします:
$ sudo do-release-upgrade

Upgrade Ubuntu 16.04から18.04へのアップグレードはdo-release-upgradeを使用します

Ubuntu Linux 16.04から18.04 LTSにcliを使用してアップグレードする方法

あとは画面の指示に従ってください。 アップグレードの途中で、既存のgrubやsshの設定ファイルの置き換えを促されることがあります。

grub keep config files on ubuntu 18.04 lts

Click to enlarge

しばらくすると、「System upgrade is complete」というメッセージが表示されます。
To finish the upgrade is required a restart for ubuntu

Verification

sshコマンドでログインします。
$ ssh [email protected]
Ubuntu Linuxのカーネルバージョンをunameで確認します。
$ uname -r
ssコマンドまたはnetstatコマンドで、必要なポートがすべて開いていて実行されていることを確認します。

grepコマンド/egrepコマンドまたはtailコマンド/catコマンドを使用して、エラーがないかログファイルを確認します:
$ dmesg
$ tail -f /path/to/log/files
$ egrep -i 'err|cri' /var/log/nginx/error.log

Ubuntu 16.04サーバーを18.04LTSにアップグレードします。04 server to 18.04 LTS

Ubuntu 16.04 serverを18.

Remove tcp port 1022 added Ubuntu VM via ufw

Run following ufw command:
$ sudo ufw delete allow 1022/tcp

Conclusion

これでUbuntu Linux v16.04 LTSがv18.04 LTSにアップグレードされ、クラウドサーバー上で動作するようになりました。 詳しくはこちらをご覧ください。

このエントリは、Ubuntu Server Tutorial シリーズの 5 つのうちの 1 つです。 続きを読む:

  1. How to upgrade Ubuntu 16.04 to 18.04 LTS using terminal
  2. AWS Lightsail upgrade Ubuntu 16.04 LTS to 18.04 LTS
  3. How Do I Update Ubuntu Linux Softwares Using Command Line?
  4. HowTo: Upgrade To a Newer Version of Ubuntu 14.04 LTS
  5. Upgrade Ubuntu 18.04 to 20.04 LTS using command line

🐧 Linuxやオープンソース& DevOpsに関する最新のチュートリアルをRSSフィードや週刊メールマガジンで入手できます。
🐧 5 comments so far…. Add one ↓

div

div

カテゴリー UnixとLinuxのコマンド一覧
ファイル管理
Firewall Alpine Awall – CentOS 8 – OpenSUSE – RHEL 8 – Ubuntu 16.04 – Ubuntu 18.04 – Ubuntu 20.
ネットワークユーティリティ dig – host – ip – nmap
OpenVPN CentOS 7 – CentOS 8 – Debian 10 – Debian 8/9 – Ubuntu 18.04 – Ubuntu 20.04
パッケージ・マネージャー apk – apt
プロセスの管理 bg – chroot – cron – disown – fg – jobs – killall – kill – pidof – pstree – pwdx – time
探索 grep – whereis – which
ユーザー情報 groups – id – lastcomm – last – lid/libuser-。lid – logname – members – users – whoami – who – w
WireGuard VPN Alpine – CentOS 8 – Debian 10 – Firewall – Ubuntu 20.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です