Bruce Springsteen

『Born in the U.S.A.』のツアーは、金曜日の夜に始まった。 前日の日曜日、ブルースはジャージーショアの音楽シーンで知り合った赤毛の歌手を、Eストリートバンドの最終リハーサルに誘いました。

ギリギリになって決定したことかもしれませんが、パティ・シシャルファはEストリート・バンドに参加したとき、決して無名ではありませんでした。 彼女とブルースは、80年代初頭にストーン・ポニーで行われた同じ公演に何度も足を運んだ友人だったのだ。 パティは、サウスサイド・ジョニーとアズベリー・ジュークスのツアーに参加したことがあり、デビッド・サンシャスがEストリート・バンドを脱退した後に結成したバンド、トーンで活動していた。 彼女は、マイアミ大学の音楽学部とニューヨーク大学で教育を受けた。 70年代半ばに音楽で生計を立てようとしていた時に、ヴィレッジ・ヴォイスの広告に答えてEストリート・バンドのオーディションを受けたことがあり、Born in the U.S.A.のセッションではブルースと一緒にスタジオで録音し、レコードでは使われなかったボーカルトラックを作ったこともあります。

ブルースは過去にも女性ボーカルを起用したことがあり、特に初期のバンドではスキ・ラハヴが5カ月間在籍していたが、後にブルースが語ったように、女性シンガーをフルタイムで起用することは大きな変化であった。 当初、彼女の役割は、「毎晩、誰かが音を出す」ことを確認することでしたが、バンドに女性が加わることで、バンドのビジュアル・インパクトに新たな要素が加わりました。

トンネル・ツアーで恋に落ちたブルースとパティは、1991年に結婚し、3人の子供に恵まれました。

1993年にパティのソロ・デビュー・アルバム「Rumble Doll」がリリースされました。

1993年に『ランブル・ドール』でソロデビューし、2004年には『23rdストリート・ララバイ』で初のソロツアーを行いました(ブルースというスペシャルゲストも時々登場)。 また、2004年には、コンチネンタル・エアラインズ・アリーナで行われた「Vote for Change」ツアーの最終公演のオープニングを務めました。 最新アルバム「Play It as It Lays」がEストリート・バンドのツアーと同時期にリリースされた際には、パティの「Town Called Heartbreak」がEストリートのセットに加えられ、2007年のマジック・ツアーのファースト・レグでパティとブルースのデュエットとして演奏されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です