Best time to sow grass seed

素晴らしい芝生を手に入れるのは、思っているほど難しくなく、お金もかかりません。 正しい情報を身につければ、芝生の種を蒔くのに最適な時期や、種の選び方、蒔き方、手入れの仕方などがわかります。

草の種をまく時期

新しい芝生を作りたいと思っている人は、早く始めたいと思っているでしょう。 夏の終わりから秋の中頃までが最適な時期です。 理由はいくつかありますが、まず土壌が暖かく、雨で湿っているため、種が発芽するのに最適な環境となります。

この時期の地面が通常よりも乾燥している場合は、種まき後に芝生に水を与え、芝生が定着するまで湿らせておきます。

秋に種まきができなかった場合は、春の半ばに種まきをすることもできますが、その場合は芝生の手入れをして、芝生に十分な水を与える準備をしておく必要があります。 暑くて乾燥しているので、種が縮んで死んでしまう可能性が高くなります。

種の選び方

Miracle-Gro EverGreen grass seed range

芝よりも種の方が優れている点は、斜面やコーナーなどの難しい場所を簡単にカバーできることです。

芝に比べてシードが優れている点は、斜面やコーナーなどの難しい場所をカバーしやすいことです。

もしあなたが初めて新しい芝生を播くのであれば、「ミラクルグロ エバーグリーン スーパーシード ローンシード」、「ミラクルグロ エバーグリーン ファストグラス ローンシード」、「ミラクルグロ エバーグリーン マルチパーパス ローンシード」などの製品は、汎用性が高く、耐久性に優れています。

また、スポーツグレードの種子を使用した「ミラクルグロウ エバーグリーン ラグジュアリー ローンシード」や、日陰の多い場所でも育つように設計された「ミラクルグロウ エバーグリーン シェイディ ローンシード」など、より専門的なミックスも用意されています。

また、種子だけでなく、芝生が太く健康的に育つようにコントロールされた時間放出型の肥料や土壌強化剤が付属しているローメンテナンスシードもあります。

Preparing your lawn

種子が均等に育つようにするには、まず芝生の準備が必要です。 耕す前に、古い芝を枯らすことをお勧めします。 古い芝生を取り除くだけでは、雑草の根が残ってしまい、それが再び成長して新しい芝生に侵入してしまいます。 石や根などのゴミを取り除き、土を平らにして、作業しやすい状態にします。

次に、土の上を歩いて固め、この作業を繰り返します。

草の種を蒔く2、3日前に、Miracle-Gro Growmore Garden Plant Food 35gm/sqmのような一般的な芝生用の肥料を少量入れておくのもいいでしょう。

種まき

種の種類によって必要な条件が異なるので、種のパッケージに記載されている説明をよく読んでください。

作業場所を把握しやすいように小さな区画に分けて、均等に種を撒きましょう。 芝生用のスプレッダーを使うと、より効果的です。

別の方法として、種子率が半分の散布機をお持ちの場合は、散布機のこの設定を利用してください。

散布が終わったら、全体をレーキして、種子が土壌に均等に分布していることを確認してください。

芝生の種を蒔いた後は、定着するまで水を入れて湿らせておきます。

Caring for your lawn

芝生の成長を見ることは、このプロセスの中で最も満足できる部分の一つです。

地面が暖かいほど発芽プロセスは早くなりますが、2~3週間かかると考えてください。

新芽の高さが7.5cmくらいになったら、芝刈り機の鋭利な刃で上部を刈り取ります。

最初の6ヶ月間は、雑草は手で処理し、草の飼料や雑草用の製品は使用しないでください。 土の中の雑草の種は草の種と一緒に発芽しますが、ほとんどは一年生の雑草で、刈り込みや冬の間に枯れてしまいます。 多年生の雑草は、芝生が定着してから処理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です