Anesthesia Risks and Assessment – Made for This Moment

Anesthesia Risks

手術や麻酔は、科学の継続的な進歩のおかげで、今ではかつてないほど安全になっています。 しかし、だからといってリスクがゼロというわけではありません。 実際、手術や麻酔は本質的に危険なものであり、他の薬や処置と同様に、何か問題が起こる可能性は常にあります。 年齢、病状、手術の種類などにより、問題や合併症、場合によっては死に至る可能性が高い患者さんもいます。

もしあなたが手術を受ける予定であれば、医師である麻酔科医との面談を含め、リスクを下げる方法があります。

医師麻酔科医とは、麻酔、疼痛管理、重症医療を専門とする医師のことです。 この医療専門家は、麻酔治療の計画、麻酔の投与、手術中の患者の監視を担当します。 これを効果的に行うために、医師である麻酔科医は、手術前に健康状態の評価を行い、持病や使用している薬、その他の健康習慣、過去の麻酔の経験などを調べます。 これらの情報があれば、医師である麻酔科医はあなたの安全を守ることができます。

  • あなたにとってより安全な薬を選ぶ。
  • あなたにとって起こりやすい特定の副作用や合併症を注意深く監視し、それらが発生した場合に対処するための計画を持っている。
  • 手術が緊急でない場合は、特定の薬の服用をやめたり、禁煙したり、体重を減らすなどして、手術前にリスクを下げる方法をアドバイスする。

医師が女性にデジタルタブレットを見せている。 医療従事者と一緒に座っている女性の患者。

麻酔のリスクを高める要因とは?

以下の条件に当てはまる方は、麻酔のリスクが高くなる可能性があります。

  • 麻酔に対するアレルギーまたは麻酔に対する副作用の既往歴
  • 糖尿病
  • 心臓病(狭心症、弁膜症、心不全、心臓発作の既往歴)
  • 高血圧
  • 腎臓病
  • 肺の病気(喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)。
  • 肥満
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
  • 脳卒中
  • 発作やその他の神経疾患

喫煙や1日2本以上のアルコール飲料の摂取もリスクを高めます。

麻酔のリスクにはどのようなものがありますか?

全身麻酔では、患者さんは意識を失います。 このタイプの麻酔は、非常に安全ではありますが、最も副作用が出やすく、リスクを伴うタイプです。

しかしながら、稀ではありますが、より深刻なリスクもあります。

  • 術後せん妄または認知機能障害 – 術後認知機能障害と呼ばれる状態は、特定の患者に長期的な記憶や学習の問題をもたらす可能性があります。 脳が老化すると麻酔からの回復が遅くなるため、高齢者に多く見られます。 高齢者だけでなく、心臓病(特にうっ血性心不全)、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患がある人や、以前に脳卒中を起こしたことがある人もリスクがあります。 これらの疾患がある場合は、医師である麻酔科医に伝えることが重要です。
  • 悪性高熱症 – 手術中に急激な発熱と筋肉の収縮が起こり、死に至る可能性のあるこの深刻な麻酔反応を受け継ぐ人がいます。
  • 手術中および手術後の呼吸障害 – 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(寝ている間に呼吸が止まってしまう病気)の患者さんは、麻酔がより危険になることがあります。

他の種類の麻酔にもリスクはあるのですか?

最も安全な麻酔は局所麻酔で、薬を注射することで手術を行う体の小さな部分を麻痺させます。

全身麻酔よりも安全な局所麻酔は、腰から下の広い範囲を麻痺させるものですが、いくつかのリスクがあります。 局所麻酔を受けた後、患者さんが頭痛に襲われることがあります。 まれに、胸部に注射針を刺した場合、肺の虚脱を起こすことがあります。 また、局部麻酔による神経の損傷もまれな合併症です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です