About|グウェン・セバスチャン

Following Her Voice …

グウェン・セバスチャンは、ノースダコタ州の牧畜場で育ちました。 牧場主であると同時に、両親が地元のバンドに所属していたこともあり、幼い頃から一緒に演奏活動をしていました。

ナッシュビルでは、真っ先に飛び込みたかったのですが、不動産会社のプロパティ・マネージャーとして「お金を稼ぐ」ことになりました。 しかし、音楽を演奏したいという気持ちは消えず、昼間の仕事を辞めて、有名なBlue Bird CafeやWildhorse Saloonなど、ナッシュビル周辺のソングライターズ・ナイトで演奏するようになりました。 ナッシュビルの音楽シーンを気に入っていた彼女は、自分のバンドで全米をツアーしたいという衝動に駆られ、年間250日以上、バーやフェア、フェスティバルなどで演奏し、テイラー・スウィフト、シュガーランド、ディアックス・ベントレーなどのアーティストの前座を務めました。

10年以上に及ぶツアーの後、彼女は思い切ってNBCの「The Voice」のシーズン2のオーディションを受けました。 大きな赤い椅子が3つ回り、彼女はブレイク・シェルトンをコーチに選びました。 シェルトンは、ボイスチームの一員であると同時に、グウェンに彼のバンドの一員として一緒にツアーをしないかと誘った。

「The Voice」のシーズン中に、グウェンは番組のメンターであるミランダ・ランバートと出会い、「Locked and Re-loaded」ツアーでのオープニングを依頼されました。 “The Voiceが私のキャリアを飛躍させたのは間違いないし、非常に有効だったわ」と彼女は説明します。 彼女はまた、ブレイク・シェルトンとミランダ・ランバートが自分を助けてくれたと考えており、「彼らには感謝してもしきれない」と語っています。

グウェンのアルバム「Once Upon a Time in the West-ACT I」は、ローリングストーン誌の「トップ・アメリカーナ・アルバム」に選ばれるなど、高い評価を受けました。 アルバムからのファースト・シングル「キャデラック」は、ミランダ・ランバート&&&の歌詞」があなたの心を動かし、想像力を刺激することを願っています。

グウェンは、5枚目のスタジオ・アルバムをレコーディングすることができて「本当にラッキーだった」と言っており、2020年の春に『ACT II』をデジタル・リリースしました。 スタジオにいることが好きな一方で、彼女が一番好きなのはライブパフォーマンスです。 グランド・オル・オプリーやCMA’sであろうと、故郷のノースダコタであろうと、ステージがある限り、そこがグウェンの居場所なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です