4 common business problems and how to solve them

あなたは素晴らしいビジネスのアイデアを思いつき、家族や友人も応援してくれているようなので、思い切って行動に移すことにしました。 最初の頃はこの世のものとは思えないほどエキサイティングで、顧客も集まり、収益も上がり始めます。 しかし、1年、2年と経つうちに、どこからともなく問題が忍び寄ってきます。

まず、今直面している問題は、あなただけのものではないことを知ってください。

ここでは、最も一般的な問題と、ビジネス上の問題を解決するための手順をご紹介します。

問題:間違った人を雇い続けている

おっと。 この問題は、ビジネスオーナーが直面している最も差し迫った問題の1つです。 求人情報が出たときには積極的に連絡を取り、人脈を活用して紹介してもらい、大量の面接を行いますが、新入社員が入社して数か月後、ふと気づくのです……彼らはその仕事に最も適していない人物だと。 採用戦略を再考する

これはすぐに解決できることではありません。 実際、企業経営における人材獲得の部分を正しく行うには、何年もかけて何度も繰り返す必要があります。 まずは、現在の採用戦略を捨てることから始めましょう。 採用コンサルタントに依頼する。 社内に採用委員会を設置し、過去に成功したことや失敗したことについて、定期的にブレストを行います。 自社の価値観を確立していないのであれば、そこから始めましょう。 その価値観に沿って採用し、ほとんどの仕事はトレーニングで身につけることができますが、態度や気質は生まれつきのものだということを覚えておいてください。

問題:顧客とのコミュニケーションがうまくいっていない

あなたは100人の従業員と数千人の顧客を抱えています。 誰がどの顧客にどのくらいの頻度でメールを送っているか、どうやって把握していますか? 一線を越えていませんか? ある社員がリードを得たとき、そのリードを他の社員に渡すことができますか?

この問題を解決するために、多くの起業家は何十ものオンライン・アプリやプロジェクト管理プログラムを利用しますが、そのほとんどが相互にシームレスに連携していません。

解決策。 適切なオールインワンのソリューションを見つける

顧客や社内の従業員とのすべてのコミュニケーションを追跡するための包括的なソリューションがあったら、素晴らしいと思いませんか? 連絡やフォローアップだけでなく、アンケートを実施したり、統合された分析ツールですべてを追跡したりできる場所があればいいと思いませんか。 そのプラットフォームは、あらゆる規模のビジネスにおけるコミュニケーションの問題を解決するために独自に設計されています。 万歳!

問題:ネガティブなカスタマーレビューを受け取った

ある朝、目が覚めると、心臓がドキドキするほど辛辣なカスタマーレビューが公開されていました(まあ、そこまでひどくはないかもしれませんが、この深刻さはお分かりいただけると思います)。 敬意を持って接する

まず、一息つきましょう。 出血を止めるためにできることがいくつかあります。 1つは、親切に対応することです。 謝罪し、責任を取り、返金やオフラインでの支援を公に申し出ましょう。 見込み客は、ネガティブなレビューに対する反応を、レビューそのものよりも頻繁に読むことができます。ですから、少しの間(あるいは一日)、怒りを抑えて思いやりを持って対応しましょう。 カスタマーサービス戦略の見直しの必要性を知ることは、腐ったものを食べたことを知るようなものです。 顧客は満足せず、従業員も満足していない可能性が高く、業績は悪化しています。

解決策。

例えば、最も愛されている企業の1つであるザッポスは、何よりも顧客サービスに力を入れています。 靴やアパレル、販売の前に。 顧客がいなければ、すぐに潰れてしまうことを知っているからです。 自分たちのミッションやバリューも、同じコンセプトで作り直してみてください。 お客様のことを考え、お客様に喜んでいただくことを使命とすればするほど、長期的には良い結果が得られるはずです。

ビジネスの生産性を向上させる3つのクラウドソリューション

ビジネスコミュニケーションを強化する6つの方法

あなたの顧客が好むビジネスコミュニケーションの方法を知っていますか?

Gaetano DiNardi は Nextiva のデマンドジェネレーション担当ディレクターで、Major League Baseball、Pipedrive、Sales Hacker、Outreach.io などのブランドとの仕事で成功を収めてきました。 マーケティング以外では、音楽プロデューサー、ソングライターとしても活躍しており、Fat JoeやShaggyなどのメジャーなアーティストと仕事をした経験があり、音楽を作ることでエネルギーを充電しています。 連絡を取りたい場合は、LinkedInで彼をフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です