3.4 大恐慌と家族の変化

  1. 3.4大恐慌の歴史と家族生活への影響を振り返る

19世紀が進むにつれ、稼ぎ手と主婦の家族という理想は残ったものの、家族は異なる社会階級や人種の文脈によって形成され続けました。 20世紀に入ったアメリカは、工業社会からサービス・消費社会へと経済的な変革期を迎えていました。

1930年代の世界大恐慌は、家庭生活に大きな影響を与えました。 全米で男女ともに解雇されました。 大規模な工場や事業所の閉鎖により、失業した男性が仕事を見つけられる場所はほとんどありませんでした。 仕事の競争は激しく、賃金は低い。 賃金は低い。 雇用されている人でも、10年前に比べて収入が減っているのが普通でした。

出典:Coleman et al: (Coleman et al., 2007)

世界大恐慌の結果、ほぼすべての家族が何らかの困窮を経験した一方で、経済的負担は社会階級や人種の違いを超えて平等に共有されたわけではありませんでした。 また、家族歴史学者による新しい研究では、特定の階級や人種グループの家族が経験した混乱の種類が異なることを発見しました。 経済的に混乱した時代であっても、階級と人種は家族の多様性のための重要な基盤であり続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です