陪審員サービス

召喚状に記載された日付に陪審員サービスを行うことができない場合、日付の変更や免除を申請することができます。

陪審員サービスの日付を変更する申請

陪審員サービスの日付を、今後12ヶ月以内の別の日付に変更できる場合があります。

  • あなたは必要不可欠な労働者である
  • 手術を受けている
  • 試験を受けている
  • 雇用主が仕事を休ませてくれない
  • 休暇を予約している

変更の申し出は一度だけです。

日にちを変更するには、陪審員の召喚状に理由を書いて返信します。

Ask to be excuse from jury service

今後12ヶ月の間に陪審員を務めることが不可能な場合、免除を申請することができます。

  • 重大な病気や障害で陪審員としての活動ができない
  • 病気や障害を持つ人のフルタイムの介護者である

コロナウイルス(COVID-19)のために陪審員としての活動ができない場合は、日程の変更を依頼してください。

また、過去2年間に陪審員をしたことがあれば、陪審員を免除してもらうことができます。

今回陪審員をしなくても、将来的に召喚状を受け取る可能性があります。

免除を申し出るには、陪審員の召喚状に理由を書いて返信します。

もし申請が却下されても、陪審員の日にちの変更を申請することができます。

決定に同意しない場合

陪審員の日にちの変更や免除の申請が却下された場合は、不服を申し立てることができます。 陪審員中央召集局に、以下の内容を書いてください。

  • 決定に不服な理由
  • あなたの陪審員番号(召喚状に記載されています)
  • あなたの氏名・住所
  • あなたの生年月日
  • あなたが召喚された裁判所の名称・住所
  • あなたの陪審員としての勤務日

陪審員中央召喚局局長 Jury Central Summoning Bureau
HM Courts and Tribunals Service
Jury Central Summoning Bureau
Phoenix House
Bradford
BD3 7BH

[email protected]

Get help

陪審員サービスについて質問がある場合は、Jury Central Summoning Bureauにお問い合わせください。

陪審員中央召集局
[email protected]
Telephone: 0300 456 1024
ウエルシュ語の電話。 0300 303 5173
月曜から木曜の9時から17時
金曜の9時から15時
通話料についてはこちらをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です