脊髄膜

脊髄膜(単数形:メニンクス)は、脊柱管の中にあり、脊髄、脊髄神経根、馬尾を包んでいる。

解剖学的概要

3つの層(外側から内側)から構成されています

  • 硬膜(thecaまたはpachymeninxとも呼ばれる)
  • くも膜
  • 軟膜

くも膜と軟膜を合わせて「レプトメン膜」と呼ばれています。 硬膜外腔、硬膜下腔、くも膜下腔の3つの可能性があります。

硬膜

硬膜は、後頭蓋窩からの延長線上にあります。

硬膜は、軸椎の体側にある外膜と後縦靭帯に付着している以外は自由な状態にあります。

硬膜は軸椎の体側にある外膜と後縦靭帯のほかは自由になっている。硬膜は前後の脊髄神経根によって安定化されており、これらの神経根は硬膜を分割的に貫通し、出た後に横方向の突起を与える。

硬膜は脊柱管の中にあり、内椎静脈叢を含む脂肪層の中に位置しています。

また、別の記事:脊髄硬膜.

くも膜

くも膜は硬膜からリンパの薄い膜で隔てられており、潜在的な硬膜下腔です。 くも膜は、硬膜嚢と神経根鞘を覆う薄い無血管膜です。 後正中隔は脊髄の上にあり、網状のくも膜の突起によって形成されている。

Also see separate article: spinal arachnoid mater.

軟膜

軟膜は脊髄と脊髄神経根を包み込み、脊髄上膜と融合している。 硬膜に固定された一連の三角形の突起である対の歯状靭帯として両側に伸びています。

Also see separate article: spinal pia mater.

硬膜外腔

硬膜と椎間孔の骨膜および靭帯との間の空間である。 上方では硬膜と大後頭孔との融合部、下方では仙骨裂孔を閉鎖する後仙骨靭帯で囲まれています。

  • 脂肪
  • 椎間静脈叢
  • S2以下の脊髄神経根
くも膜下腔

密着しているくも膜と淡い膜の間にある薄い細胞層です。

  • くも膜の海綿体
  • 脳脊髄液(CSF)
  • 動脈。
  • 静脈

関連する病理

  • 脊髄硬膜外膿瘍
  • 脊髄硬膜 動静脈瘻
  • 硬膜外脊髄腫瘍
  • 脊髄髄膜嚢腫
  • 髄膜メラノサイトーマ
  • タルロフ嚢腫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です