緑内障患者の治療には15分のレーザーが最適との研究結果

英国では、衰弱した目の病気である緑内障の患者の治療には、レーザーが主要な方法となるべきである。

Lancet誌に掲載された報告書によると、選択的レーザー眼窩形成術(SLT)として知られるレーザー技術は、現在の緑内障治療の主流である目薬の処方に取って代わるべきだとしています。

「シンプルで安全、痛みのないレーザー治療は、目薬よりも効果があるだけでなく、NHSのコストも削減できます」と、報告書の著者の一人で、ロンドンのムーアフィールズ眼科病院に勤務するガス・ガザード氏は述べています。

「1回限りの治療にレーザーを使うことで、患者さんは、一生飲み続けなければならない、副作用のある毎日の点眼薬の圧迫から解放されます。”

点眼薬の副作用としては、後々白内障になるリスクが高まることや、脈拍の低下、疲労感などが挙げられます。

緑内障は世界の主要な失明原因のひとつです。 英国では、40歳以上の人口の約2%が罹患しており、眼球内の管が詰まり、眼球内の液体が適切に排出されなくなることで発症することがほとんどです。 眼球内に圧力がかかり、脳につながる視神経が損傷することもあります。

英国では、緑内障患者のほとんどが目薬を使用しています。 この目薬は、眼球から液体をより効果的に排出するのを助けます。 また、目の中で作られる液体の量を減らします。 しかし、この点眼薬は毎日使用しなければなりません。

患者は顕微鏡のような装置の前に座り、装置を覗き込みます。

患者は顕微鏡のような装置の前に座り、装置を覗き込むと、約100個の小さなレーザーパルスが目に照射されます。 これにより、眼球から液体が出ていく部分にわずかな炎症が起こり、そこにある閉塞物が破壊されます。 液面が下がると、眼球内の圧力が下がり、緑内障が改善していきます。

眼科医が直面した問題は、どの技術が患者にとってより良いのか? この疑問を解決するために、研究者たちは、新たに眼病と診断された718人の患者を対象に、3年間の臨床試験を行いました。

日曜日の世界緑内障デーに合わせて発表された結果によると、SLTを受けた患者さんは眼圧が改善され、安定していることが明らかになりました。

英国での影響もさることながら、SLTのような1回限りの治療法は、高度な医療サービスを持たない国にとっても重要な意味を持ちます。

「これは画期的な研究です」と緑内障研究財団のトーマス・ブルナー理事長。 “発展途上国では、SLTは緑内障による失明を防ぐための大きな一歩となるでしょう」と述べています。”

トピックス

  • 健康
  • The Observer
  • NHS
  • ニュース
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Eメールでシェア
  • LinkedInでシェア
  • Pinterestでシェア
  • WhatsAppでシェア
  • Messengerでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です