糖尿病のための空腹時および非空腹時の血液検査

空腹時の血液検査

空腹時の血糖値検査
医師はこの検査で糖尿病を診断します。 事前に8時間の絶食を求められます。 この検査は通常、早朝に行われますので、長時間食事をしないで済むのです。 血糖値が126ミリグラム/デシリットル以上になると、糖尿病の兆候です。

経口ブドウ糖負荷試験
これも診断に用いられる検査です。 これも8時間の絶食をしてから行います。 看護師があなたの血液を採取して検査を始めます。 その後、糖分の多い液体を飲み、医師のオフィスで待機します。 2時間後、看護師が再び血液を採取して検査を行います。 その結果、血糖値が1デシリットルあたり200ミリグラム以上であれば、糖尿病と診断されます。 140〜199ミリグラム/デシリットルの場合は、糖尿病予備軍の兆候です。

この検査は、妊娠糖尿病と呼ばれる状態の診断にも用いられます。

この検査は、妊娠中に発症する「妊娠糖尿病」の診断にも用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です