筋膜。 謎の組織

最近、「マッサージセラピスト、カイロプラクター、鍼灸師から、筋膜がすごく張っていると言われました」という患者さんがクリニックに増えています。 ますます多くの医療専門家が、この不思議な組織について話し、治療しています。 理学療法士の学校で死体を解剖していた頃、筋膜は、筋肉を可視化して解剖するために、ただ切り取られていました。

では、この謎の組織である筋膜とは何なのでしょうか?

筋膜は、主にコラーゲンで構成された結合組織です。 筋膜には、「深部筋膜・上皮層」「深部筋膜・網状層」「表層筋膜」の3つの層があります。 表層筋膜は、深層筋膜と接着し、皮膚とつながっています。 深部筋膜は表在性筋膜の下にある「第二の皮膚」のように見える。 深部筋膜は、それを取り囲んでいる部位にちなんで名付けられている。 例えば、上腕筋膜は上腕を包んでいる。 深部筋膜は、靭帯、腱、上皮と連続している。

深部筋膜の内側には、筋繊維の挿入部があります。 筋膜拡張部は、動作中に筋膜を選択的に緊張させたり伸ばしたりすることができ、腱を安定させ、腱の付着部からストレスを取り除くのに役立ちます1,2 筋膜拡張部は、筋肉、筋膜、関節間のコミュニケーションを可能にします。 ある動作を行うと、特定の筋肉(または筋肉の一部)が収縮し、筋膜の特定の部分が伸ばされます。 筋膜は、筋肉によって生じた伸張を感知し、その張力を遠く離れた関節に伝えることができます2

筋膜が痛みの原因となるのは、よく神経が通っているからです。 筋膜には、自由な神経終末とその中にある圧力受容体があります。2,3,4,5 これにより、私たちは痛みを感じ、自分の体が空間のどこにあるかを知ることができるのです。 アントニオ・ステッコ医学博士によると、「筋膜はプロプリオセプションの器官であり、これまで知られていなかった、私たちの体全体を包む『器官』が、空間の中で自分の体がどこにあるのかを知る上で、主導的な役割を果たしていることを意味します」1

筋膜のもう一つの重要な成分はヒアルロン酸です。 ヒアルロン酸は、私たちの組織のWD-40です。 ヒアルロン酸は、深部筋膜と筋肉の間の細胞外マトリックス内に存在します。 ヒアルロン酸は、隣接する構造体の間をスムーズに滑らせる潤滑剤となります。 これにより、組織は荷重を吸収し、動きを可能にしているのです6

では、層間に正常なスライドやグライドがない場合はどうなるのでしょうか? 瘢痕が形成され、表在性筋膜と深在性筋膜が融合するとどうなるのでしょうか。 この2つの層がつながっていると、深部筋膜を伸ばすと表在性筋膜に影響があり、その逆もまた然りです。 この結果、遊離神経終末や関節固有受容器が過剰に刺激され、痛みや不良な動作パターンを引き起こす可能性がある。7 筋膜の層が密になると、血流が減少し、伸張に対する適応性が低下し、筋肉の活性化が低下して、異常な緊張や痛みを引き起こす。

筋膜はどのように痛みに関係したり、痛みを引き起こしたりするのでしょうか?

筋膜が痛みの原因となるのは、よく神経が通っているからです。 筋膜には、自由な神経終末と圧力受容体が存在しています。

このように、筋膜は痛みを感じたり、体の位置を把握したりすることができます。
アントニオ・ステッコ医学博士によると、「筋膜はプロプリオセプションの器官であり、これまで知られていなかった、私たち全体を包み込む『器官』が、空間の中で自分の体がどこにあるかを知るための主導的な役割を果たしている」とのことです。
筋膜のもう一つの重要な成分はヒアルロン酸です。 ヒアルロン酸は、私たちの組織のWD-40です。 ヒアルロン酸は、深部筋膜と筋肉の間の細胞外マトリックスに存在します。 ヒアルロン酸は、隣接する構造体間をスムーズに滑らせる潤滑剤です。 これにより、組織は荷重を吸収し、運動を可能にしています。6 では、層間の正常な滑りやグライドがない場合はどうなるのでしょうか? 瘢痕が形成され、表在性筋膜と深在性筋膜が融合するとどうなるでしょうか? この2つの層がつながっていると、深部筋膜を伸ばすと表在性筋膜に影響を与え、その逆もまた然りです。 この結果、遊離神経終末や関節固有受容器が過剰に刺激され、痛みや不良な動作パターンを引き起こす可能性がある。7筋膜の層が密になると、血流が低下し、ストレッチへの適応が悪くなり、筋肉の活性化が低下して、異常な緊張や痛みを引き起こす。

密集した筋膜はどうすればよいのでしょうか?

ルイジ・ステッコ医学博士によると、「筋膜は、ストレスを受けたときにその硬さを変え、操作を受けたときにその弾力性を取り戻すことができる唯一の組織である」とのことです。 1 したがって、局所的な摩擦を伴う筋膜のマニュアル操作は、血流を増加させ、熱を発生させ、ヒアルロン酸を改善し、その結果、他の組織との摺動性や滑動性を向上させることができる。 この研究により、世界中の理学療法士、カイロプラクター、マッサージセラピストに教えられている「ステッコ式筋膜操作法」が誕生しました1。この方法は、イタリアの理学療法士ルイジ・ステッコの数十年にわたる研究に基づいており、息子のアントニオ・ステッコと娘のカーラ・ステッコが研究を続けています。 このモデルは、痛みのパターン、動作の評価、触診テストなどを総合的に活用して、筋膜システムの評価と治療を行います。 研究の結果、深部筋膜が収束して体の各部位を互いに結びつける「センター・オブ・コーディネーション」(CC)と呼ばれる一連のポイントが、人体全体に存在することが明らかになりました。 患者の病歴を聴取した後、動きを評価し、特定の面や関節の調整センターを触診します。 施術者は、最も高密度化した、あるいは問題のあるCCを圧迫と摩擦で治療します。 摩擦によって熱が発生し、細胞のカスケード反応が起こり、粘り気のあるヒアルロン酸が分解されます。 これにより、組織間の滑りが良くなり、患者は痛みのない動きができるようになります。 1

その他の筋膜治療法としては、カッピング、スキンローリング、キネシオロジー・テーピング、グラストンテクニックなどがありますが、ご存知でしょうか。 オリンピックでマイケル・フェルプス選手の円形の紫のアザを見たことがあるかもしれませんが、これはカッピング治療の結果です。 カッピングは何千年も前から中国医学や鍼灸で使われてきました。 カップの中で負圧を発生させ、組織を持ち上げ、筋膜の層を分離させます。

Graston techniqueは、instrument assisted soft tissue mobilization technique (IASTM)の一種です。

グラストンテクニックは、インスツルメントアシスト軟部組織モビライゼーションテクニック(IASTM)の一種であり、特別に設計されたインスツルメントを用いて軟部組織(例:瘢痕組織、筋膜の癒着)にモビライゼーション効果を与え、痛みを軽減し、可動域と機能を改善するものである9。 これにより、瘢痕組織、癒着、筋膜の制限が解除され、破壊されると考えられています。 スキンローリングは、全身の表在性筋膜を操作するために用いられる技術である。

キネシオロジーテープは、筋膜に影響を与えると考えられている別の治療ツールです。

キネシオロジー・テープは、筋膜に影響を与えると考えられているもうひとつの治療ツールです。さらなる研究が必要ですが、米国の研究者は、超音波画像を使って、Kテープが皮下組織層を持ち上げる効果があり、間質性空間に目に見える変化が見られることを示しました12。 あなたのフィジカル・セラピストは、あなたの特定のケースにとって最も理にかなった治療法を選択しますが、それは上記で説明した異なる技術の組み合わせを含むかもしれません。 自宅でフォームローラーを使って筋膜をリリースする作業をしてもらうこともあります。 筋膜は、自分の体重を利用して、フォームローラーを転がすことで動かされます。

結論として、筋膜は体全体を包み込む器官であり、見落としたり無視したりしてはいけません。

N2フィジカル・セラピーは現在、コロラド州に4つの拠点があり、いずれも熟練した、共感できる、思いやりのあるフィジカル・セラピストが揃っています。

N2フィジカル・セラピーは、コロラド州に4つの拠点があり、いずれも熟練したフィジカル・セラピストが在籍しています。あなたやあなたの知り合いが痛みを感じていて、それが筋膜に関係していると思われる場合は、遠慮なく4つの拠点のいずれかに電話をして、評価を受けてください。 Fascial Manipulation, Stecco Method. レベル1のAとB、講義と実習。 ワイオミング州キャスパー。 2017年4月21~23日、11月13~15日

  • Stecco C, Gagey O, Belloni A, et al.上肢の深部筋膜の解剖学(英語)。 第2部:神経支配の研究。 Morphologie. 2007;91:292:38-43
  • Stecco C, Gagey O, Belloni A, et al.Anatomy of the deep fascia of the upper limb. 第2部:神経支配の研究。 Morphologie. 2007;91:292:38-43.
  • Tesarz J, Hoheisel U, Wiedenhofer B, et al.(2011)Sensory innervation of the thoracolumbar fascia in rats and humans. Neuroscience 194, 302-308.
  • Corey SM, Vizzard MA, Badger GJ, et al. (2011) Sensory innervation of the nonspecialized connective tissues in the low back of the rat. Cells Tissues Organs 194, 521-530.
  • Tadmor, R., Chen, N. and Israelachvili, J. N. (2002), Thin film rheology and lubricity of hyaluronic acid solutions at a normal physiological concentration. J. Biomed. Mater. Res., 61: 514-523. doi:10.1002/jbm.10215
  • Stern R, Asari AA, Sugahara KN (2006) Hyaluronan fragments: an information-rich system. Eur J Cell Biol 85:699-715
  • Lee-Mei Chi, Li-Mei Lin, Chien-Lin Chen, Shu-Fang Wang, Hui-Ling Lai, and Tai-Chu Peng, “The Effectiveness of Cupping Therapy on Relieving Chronic Neck and Shoulder Pain: A Randomized Controlled Trial,” Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, vol. 2016, Article ID 7358918, 7 pages, 2016. doi:10.1155/2016/7358918
  • Baker RT, Nasypany A, Seegmiller JG, et al.Instrument assisted soft tissue mobilization treatment for tissue extensibility dysfunction. Int J Athl Ther Training. 2013;18(5):16-21.
  • Howitt S, Jung S, Hammonds N. Conservative treatment of a tibialis posterior strain in a novice triathlete: a case report. J Can Chiropr Assoc. 2009;53(1):23-31.
  • Strunk RG, Pfefer MT, Dube D. benign joint hypermobility syndromeと診断された患者の痛みと障害に対するマルチモーダルなカイロプラクティックケア:症例報告。 J Chiropr Med. 2014;13(1):35-42.
  • ロックテープ。 FMTベーシック認証。 コロラド州デンバー。 2017/4/8.
  • Cheatham SW, Kolber MJ, Cain M, Lee M.The effects of self-myofascial release using a foam roller or roller massager on joint range of motion, muscle recovery and performance: システマティックレビュー。 スポーツ理学療法の国際ジャーナル。 2015;10(6):827-838.
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です