第一次世界大戦の塹壕の病気

西部戦線の紹介

1914年末に交戦国が北海からスイス国境までの約500マイル(800km)に及ぶ複雑な塹壕のラインを確立したことは、多くの国や文化からの何百万人もの兵士の異常な集中をもたらしました。 これらの人々は、一年を通して温暖な気候から猛烈な寒さまでの気候の中で、塹壕戦という驚くべきトロイの木馬のような存在の中に突然放り込まれました。 さらに、どこでも頻繁に降る雨で水浸しになり、季節ごとに降る雪や霜の影響を受けました。 北フランスとフランドル地方は、特に雨が多く、人を寄せ付けない環境でした。 歴史を振り返ると、比較的小規模な軍隊であっても、不快なものから破滅的なものまで、様々な病気の発生に悩まされてきました。 このような病気の発生は、特に攻城戦や野営地での越冬などの静的な戦いに関連していました。 チフス、マラリア、腸チフス、下痢、黄熱病、肺炎、インフルエンザなどが流行し、さらに性病や疥癬などが無数に発生したため、弓矢や電子弾などの戦争道具による犠牲者よりもはるかに多くの犠牲者が出たのである。 西部戦線でもそれは同じであった。 しかし、戦争が続いた4年間に西部戦線で特に重要となり、「トレンチ」という永久的な接頭辞を持つようになった3つの病気、いわゆる「トレンチ」病がありました。 これら3つの病気は、それまでにも多くの戦場で記録されていたが、西部戦線のような規模のものではなく、時には、これらの病気が戦争遂行に深刻な影響を及ぼすのではないかという懸念が最高司令部から表明されていた。 さらに、当時の一般市民は、今と同じように、これらの病気が前線の兵士の士気や戦闘効率に深刻な影響を与えていることをほとんど知らなかったのである。 これには、兵士たちが身内や故郷の人々にこのような「汚い」話を聞かせたくないという当時の一般的な態度もあれば、戦略的にも士気的にもこれらの病気の重要性を抑えたいという連合国軍最高司令部の意向もあったという。

Trench Foot during the first world war

1914年末に塹壕線が確立され、戦争の最初の冬が訪れると、イギリス軍最高司令部は、急いで掘られた塹壕が洪水に見舞われ、泥と水の泥沼になっていることにすぐに気がつきました。 塹壕の中の兵士たちは事実上動けないため、濡れたり冷えたりする足を長時間さらさなければなりませんでした。英国陸軍の弾薬用ブーツは革製で、効果的な防水機能はありませんでした。 塹壕戦の初期には、乾かすことも、靴下を履き替えることもできないことが多かったのです。 何時間も何日も湿った寒さにさらされ続けると、兵士の足の皮膚は水浸しになり、冷たくなります。 血液の循環が制限され、足の痛みがひどくなるのである。 このような水浸しと冷えの状態が続くと、皮膚が破壊され始めた。 足が腫れ、水ぶくれができ、やがて神経が傷ついてしびれてくる。 そのうち、皮膚にカビが生えてくることもある。 皮膚を乾燥させて血行を回復させなければ、壊疽(えそ)になってしまう。 最悪の場合、切断も必要になる。 1914/15年の冬、西部戦線でイギリス人が記録した2万人以上のトレンチフットの犠牲者は、初期の段階で多発したため、予防措置をとるようになった。 多くの部隊では、連隊医官が部隊の足を頻繁に検査し、歩兵には乾いた靴下を追加して1日に何度も履き替えられるようにした。 鯨油を足に塗るのは、チームワークが必要で、兵士たちはお互いの足に精力的に塗っていた。 こうすることで血行が促進され、鯨油が皮膚の水浸しを防いでくれることを期待したのです。 戦争の性質上、ドイツ軍は一般的に高地に退避することができたので、彼らの塹壕はイギリス軍のものよりも水はけが良かった。 さらに、ドイツの軍事理念は、少なくとも半永久的な要塞を作ることであり、その建設には綿密な計画と実行が許されていました。 一方、イギリスは、機会があればすぐに敵地に突入することを最大の原則としていたため、一時的な構造しか考えていませんでした。 そのため、イギリス軍は、より効率的な排水を行い、深刻な被害を受けた一部の地域には防水性のあるガムブーツやウェーダーを支給し、男性の足を濡らさないように高さのあるダックボードを設置しなければなりませんでした。 いわゆる木製の逆さの「Aフレーム」は、ダックボードを水位より高く支えるのに特に効果的であることがわかり、英国のトレンチシステム全体で広く使用されました。 これらの措置はすべて、塹壕内の兵士を複合的に保護することを目的としており、実際、戦争が進むにつれ、英国軍の塹壕足の発生率は徐々に低下していきました。 第一次世界大戦中に記録されたイギリス軍のトレンチフットの症例は74,000件でした。

西部戦線での塹壕熱

先に述べたように、流行性チフス(原因菌はRickettsia prowazekii)という病気は、戦場でも兵舎でも常に軍隊の悩みの種でした。 この病気を媒介するのは、ヒトジラミ(Pediculus humanus, sub-spp.body louse and capitis, the head louse)である。 ペディキュラスは西部戦線の塹壕の中で蔓延していた。 兵士たちは、この虫を取り除くことがほとんど不可能であったため、多くの不快感を覚えた。 頭を剃ったり、口ひげやあごひげを抜いたりすれば、頭のシラミはほぼ駆除できますが、体のシラミは、制服の折り目やしわ、ひだの中に潜んでいて、餌を食べるときだけ出てくるので、はるかに難しい問題でしたが、特に寒くて服を脱ぐのが難しいときには、この問題に直面しました。 しかし、西部戦線の塹壕では体部虱が蔓延していたにもかかわらず、流行性チフスの大規模な発生はありませんでした。 しかし、体毛虫は「トレンチ・フィーバー」として知られるようになった別の病気を引き起こしました。 疫病チフスと密接な関係にあるこの生物(Rickettsia quintana)は、シラミに刺されて感染した糞便を皮膚に押し付けて引っ掻くことで感染した。 リケッチア・キンタナに感染した糞便は、数週間にわたって感染力を維持することができました。 体のシラミは、塹壕熱にかかった兵士を噛んで感染した。 感染した兵士は、1週間から1ヶ月の間、何の兆候も症状も見られませんでしたが、激しい頭痛と衰弱した筋肉痛(特徴的なのは脛の痛み)が発生しました。 発熱期間は約5日(リケッチアのキンタナが5日であることに由来)で、熱は寛解した後、しばしば1回以上再発しました(再燃)。 このような衰弱した寛解・再発が12回記録されています。 トレンチフィーバーは、安静にする以外に有効な治療法がなく(今でいう抗生物質)、一般的には流行性発疹チフスよりもはるかに良性の病気であったが、重篤なうつ病を併発することが多かった。 そのため、死亡例は極めて少ないものの、罹患者の80%が最長で3ヵ月間、任務に就けない状態が続いた。 戦争期間中、英国陸軍では80万人の塹壕熱患者が記録され、他の戦闘国でも同程度の数が記録されています。 人員面では、すべての軍にとって非常に重要な病気であった。 とはいえ、前線の兵士の多くにとっては、不快ではあるが、前線の比類なき厳しさと危険から逃れるための歓迎すべき休息であったに違いない。 塹壕熱には有効な治療法がなかったため(原因となる生物が特定されたのは1918年)、軍当局はヒトスジシマカによる兵士の感染を減らすことに専念していた。 もちろん、燻蒸、温水浴、洗濯機、熱殺菌された衣服や寝具の頻繁な交換などは必須条件でした。 しかし、同様に前線の状況では、これらの目的を達成することは非常に困難であり、これらの施設を現実的な規模で設置することができたのは、戦争が進むにつれ、「休養地」においてのみであった。

西部戦線の塹壕口

「塹壕」の病気の3つ目である「塹壕口」は、他の2つの病気よりもむしろ良性の病気でしたが、十分に苦痛であったことは間違いありません。 特に、前線の兵士の大半が10代、20代で、危険に直面しているにもかかわらず、いずれ異性と接触するときには、自分の魅力が重要であることを十分に認識していたのです。 この病気の名前は、それ自体が口語的であり、むしろ脅迫的である。 急性壊死性潰瘍性歯肉炎。 この病気は、通常の口内細菌(Bacillis fusiformis)とスピロヘータ(Borrelia vincentii)が悪意を持って増殖し、歯肉を攻撃して侵食し、出血、潰瘍、歯肉膜の剥離、特に口臭の原因となっていた。 続く歯肉の痛みは、食べること、飲み込むこと、そして話すことさえも困難になることが多かった。 喉や首の腺が腫れて痛むこともしばしばありました。 原因は、口内の衛生状態の悪さ、肉体的・精神的ストレス、食生活の乱れ、休養不足、喫煙の多さなどが重なっていた。 第一次世界大戦の西部戦線の塹壕での生活には欠かせない要素である。 治療は緩和的なもので、ストレスの原因を取り除き、休息をとり、口の中の衛生状態を良くし、喫煙を減らし、バランスの取れた食事をすることでしたが、これらは戦争中ずっと不足していました。

あとがき

第一次世界大戦後の数十年間に歯のない元兵士がたくさんいたのは、間違いなく、この症状が塹壕の中や周辺の男性に与えたダメージと関係があります。

条件

原因となる生物:

塹壕壕の足

真菌や壊疽(かいそ)。

塹壕熱

Rickettsia quintana.

流行性発疹チフスを引き起こす密接な

関連疾患であるRickettsia prowazekiiと混同しないようにしてください。

塹壕口

(別名:急性壊死性潰瘍性歯肉炎)。

Bacillus fusiformis + buccal sprirochaetes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です