政治献金は税控除の対象になりますか?

2020年11月19日

Optima Tax Reliefは、手に負えないほどのIRSの税負担に悩む個人を支援しています。

多くのアメリカ人は、自分が選んだ政党に投票したり、寄付をしたりすることで、その政党の候補者を支持しています。 政治運動への寄付が税金に影響するかどうか気になっているのはあなただけではありません。

政治献金は企業の税金控除の対象になりますか?

企業の方は、政治献金や寄付金、支払いを確定申告で控除しないように注意してください。

政治キャンペーンのボランティアをした場合、経費を控除できますか?

政治的な候補者やキャンペーン、政治活動委員会のためにボランティア活動をする人は、税金を申告する際にボランティア活動の時間は税金控除の対象とはなりません。

大統領選挙キャンペーンを支援する場合、税金控除の対象となりますか?

税金を申告する際、1040連邦所得税申告書に記入する際に、税金のうち3ドルを大統領選挙キャンペーン基金に向けて積み立てるオプションがあります。

政治献金の限度額はありますか?

政治的な候補者や政党を支援したい納税者は、以下の金額を献金することができます:

  • 1つの候補者・選挙につき2,800ドルまで。
  • 州、地区、地方の政党を合わせて、年間10,000ドルまで。
  • 国の政党に対しては、1口座、1年間で106,500ドルまで。

税金控除の対象となる寄付はありますか?

寄付金の税金控除を受けるためには、真のチャリティとして運営されている登録された非営利団体でなければなりません。

501(c)(3)の団体にボランティアで現金や非現金のアイテムを寄付した場合、その寄付は税金控除の対象となるチャリティ寄付として認められる可能性があります。

もし、あなたが寄付をした組織が501(c)(3)の組織であるかどうかを確認するためには、IRSのTax-Exempt Organization Search Toolを利用することができます。

もし、あなたが税務上のサポートを必要としているのであれば、無料のコンサルテーションをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です