女性は出産後の高血圧に注意が必要

子癇前症とは、妊娠中に高血圧になり、尿中の蛋白質が増加した状態を指します。

先進国では、妊娠中の女性の5%が発症すると言われています。

この病気の女性は、妊娠中に正常な血圧を維持していた女性に比べて、出産後に高血圧になりやすいことが、すでに科学者によって知られていました。

Benschop氏によると、多くの女性は医師の診察室では正常な血圧値を示していますが、他の場所で血圧値が急上昇しないとは限らないそうです。

彼女のチームは、子癇前症の女性が見落とされていないかどうかを確認するために、医師の診察室以外での血圧値を調べました。

彼女のチームは、妊娠後1年間、200人の女性を対象に、昼間と夜間の血圧を測定するとともに、医師の診察室での測定値を調査しました。

40%以上の女性が、出産後1年間に高血圧を発症しました。

最も多かったのは、17%の女性が、医師の診察室では正常な血圧で、診察室以外では高い値を示す「仮面高血圧」でした。

14パーセントが持続性高血圧、9パーセントが白衣性高血圧でした。

研究者たちは、臨床施設の外で女性をモニターしなければ、医師は高血圧の女性の56パーセントを見逃していた可能性があることを発見しました。

調査対象者のうち、46パーセントは昼間から夜間にかけて血圧が十分に低下していませんでした。

「今回の調査結果は、妊娠中に高血圧になった女性は、出産後もずっと血圧のモニタリングを続けるべきだということを示唆しています」と述べています。

「今回の結果から、妊娠中に血圧が高い女性は、出産後もずっと血圧を測定し続ける必要があることがわかりました。医師の診察室で血圧を測定するだけでなく、自宅でも昼夜の異なる時間帯に測定することが重要です」とBenschop氏は述べています。 “

「自分の数値を知っている女性は、血圧を下げるために適切な手段を講じることができ、後に高血圧がもたらす健康被害を避けることができます」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です