一般的な小児疾患:知っておくべきこと、子どもに必要な予防接種、子どもが病気になったときの対処法

多くの子どもたちにとって、初めての保育園や学校は、初めての日、初めての先生、初めての親友、そして一部の子どもたちにとっては初めての一般的な小児疾患など、初めてのことがたくさんあります。

子どもたちは、体が感染症に対する免疫力を高めるため、生後数年間は病気にかかりやすいものです。

Why do children get sick from day care/school?

チャイルドケアセンターや学校では、子供たちが近くで遊んでいるため、細菌が簡単に広がってしまいます。 主な感染経路は、病気の子どもが咳やくしゃみをしたときに空気を介して感染する場合と、病気の子どもが体の感染部分を触った後、おもちゃや他の子どもに触れ、その子どもが口や鼻、目を触ったときに直接接触して感染する場合があります。 託児所や学校では、子どもたちが手を清潔に保ち、遊ぶおもちゃを清潔に保つなど、衛生管理を徹底することで予防策を講じています。

ほとんどの子どもたちは、子どもの頃に軽い風邪や感染症にかかることがあります。 病気の子どもが感染したまま保育園や学校に通うと、他の子どもや大人に病気をうつしてしまうケースもあります。

最も一般的な校庭での病気は何ですか?

保育所や学校を中心に流行する病気には、さまざまな種類があります。 ほとんどは不快感を与えるだけの軽い病気ですが、中には重篤な病気もあります。 これらの病気の中には、例えばクイーンズランド州の「予防接種スケジュール」に含まれているワクチンがあります。

  • 水痘(みずぼうそう)
  • 百日咳(ひゃくにちぜき)
  • 麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(ふうしん)
  • i 風疹

  • ロタウイルス
  • 破傷風
  • インフルエンザ
  • B型肝炎
  • 髄膜炎菌ACWY

その他、子どもがかかる可能性のある軽い病気には以下のものがあります。

  • 風邪
  • 結膜炎
  • 耳の感染症
  • 手足口病
  • 胃腸

風邪や結膜炎、手足口病などの病気には予防接種がありません。これらの病気が重篤な症状を引き起こすことはほとんどありませんが、それでも感染しないうちは子どもを保育園や学校から外出させないようにする必要があります。

アボリジニやトレス海峡諸島民の子どもたちや、医学的にリスクのある子どもたちには、追加のワクチンが提供されています。

保育園や学校に通う前に子どもに必要な予防接種は?

予防接種は、重篤な病気や疾患から身を守るための最善の手段です。 クイーンズランド州では、Immunization Schedule Queensland(予防接種スケジュール・クイーンズランド州)により、子どもたちが無料で受けられる推奨される予防接種が数多くあります。

お子さんに必要なワクチンがわからない場合や、受けていない可能性がある場合は、医師や予防接種業者に確認してください。

一部の保育園では、認可された幼児教育サービスに登録または参加する前に、お子さんの予防接種状況が最新であることを証明する必要があります。

子供が病気になったらどうすればいいですか?

子供を守る一番の方法は、衛生について教え、病気の時は家に置いておくことです。

病気の症状の出方は人によって異なります。 症状が気になる場合は、かかりつけの医師に相談するか、年中無休の13 HEALTH(13 43 25 84)に電話して、正看護師に相談することをお勧めします。

More information about childhood diseases and vaccinations

  • 私の子供は今年どんな予防接種を受けるのでしょうか
  • 水疱瘡とは何か、なぜ予防接種をするのでしょうか
  • はしかとは何か、なぜ予防接種をするのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です