ヴォルガ川(ロシア)

ヴォルガ川に船を出す理由

「どの国にも国の川があり、ロシアにはヨーロッパで最も長い川、川の女王であるヴォルガ川がある、そして私はヴォルガ川の女王に頭を下げに行った多くの人の一人である」と、フランスの有名な作家アレクサンドル・デュマはかつて書いています。

ロシア人にとって「ヴォルガ」という言葉を聞くと、この川の広くて豊かな水、優雅な船、そしてホバリングする象牙のようなカモメを思い浮かべずにはいられないでしょう。

歴史 & 事実

7000年前、ヴォルガ川の下流域はインド・ヨーロッパ文化の発祥地でした。 それ以来、ヴォルガ川はロシアの歴史や民間伝承において中心的な役割を果たしています。

現在、ヴォルガ流域にはロシアの人口の3分の1にあたる約5,000万人が暮らし、ロシアの大都市の多くがヴォルガのほとりを拠点としています。

ヴォルガ川の長さ

モスクワの北西にあるヴァルダイ丘陵の小さな泉から湧き出たヴォルガ川は、3690kmに渡って弧を描きながら南東に流れ、カスピ海に注ぎ込みます。 工業化によってその伝統的な透明性は損なわれていますが、その長さの多くは比類のない野生の美しさに覆われています。 ヴォルガ・デルタは、野生動物に興味がある人には必見の場所です。 その湿地帯の気候は、ビーバー、カワウソ、そしてサギからオオハクトウワシまで数え切れないほどの鳥たちの避難所となっています。 また、サマラベンド国立公園は、森の中のハイキングやヴォルガ川の素晴らしい眺めで有名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です