ミラクルホイップ

1933年にシカゴで開催された「進歩の世紀」万国博覧会で発表されたミラクルホイップは、果物や野菜、サラダなどの調味料として大成功を収めた。 ミラクルホイップは、クラフト社が2時間のラジオ番組をスポンサーとして提供するなどの宣伝活動により、成功を収めた。

クラフト社のアーカイブ担当者であるベッキー・ホーグランド・トゥージー氏によると、クラフト社は、チャールズ・チャップマン氏が発明した特許取得済みの「乳化機」を使って、マヨネーズと安価なサラダドレッシング(「ボイルド・ドレッシング」や「サラダ・ドレッシング・スプレッド」と呼ばれることもあります)をブレンドした製品を自社開発しました。

別の話では、ミラクル・ホイップはイリノイ州セーラムのマックス・クロセットのカフェで「マックス・クロセットのX-tra Fine Salad Dressing」という名前で発明され、クロセットは1931年にクラフトフーズに300ドル(2019年の5,000ドル相当)で売ったとしています。 クラフト社は多くのサラダドレッシングを購入していたとしながらも、タウジーはX-tra FineがMiracle Whipであるという主張に異議を唱えています。

1972年以降、Miracle WhipはドイツでMiracel Whipとして販売されています。

1972年以降、ミラクルホイップはドイツではMiracel Whipとして販売されており、以前はKraft Foodsが製造していましたが、現在はMondelēz InternationalがBad Fallingbostelで製造しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です