マクシミリアン1世:結婚と子孫

マリー(1457-1482)は、ブルボン家のシャルル公とイザベラの間に生まれた一人っ子だった。 8歳の時に母を亡くし、その後は継母のマーガレット・オブ・ヨークに育てられ、彼女は友好的な関係を築いていました。 1477年、父の死後すぐにマクシミリアンとの結婚が決まった。

5年間の結婚生活で3人の子供をもうけました。

長男のフィリップ(1478-1506)は「フェア」と呼ばれ、ブルゴーニュの後継者として、またスペインの相続人ジョアン(狂人)の夫として、輝かしい未来が待っていましたが、わずか28歳の若さで早死にしてしまいました。

娘のマーガレット(1480-1530)も元々は父の婚姻政策の一環でした。 3歳の時にフランスの皇太子との結婚が約束されていました。 しかし、その結婚は実現しませんでした。 その後、2度の結婚を経て、オランダの総督に任命され、王朝内で重要な政治的発言力を持つようになりました。

マリーの末っ子にはフランツという息子がいましたが、1481年に生後数ヶ月で亡くなりました。

1482年にマリーが乗馬中の事故により25歳の若さで亡くなると、マクシミリアンはブルターニュ公国の相続人であるアンヌとの結婚交渉を始めます。 この結婚は1490年に代理で行われたが、1492年、フランス王シャルル8世が自分でアンヌと結婚しようとしていたため、結婚が成立する前に無効となった。 ハプスブルク家にとっては、マクシミリアンの娘マーガレットが以前からシャルル王と婚約していたこともあり、二重の悩みの種となりました。 幼い頃からフランスで暮らし、将来の王妃になるための教育を受けてきたマーガレットが、父親のもとに送り返されることになったのだ。

皇帝は、ビアンカ・マリア・スフォルツァ(1472-1510)との結婚に成功し、1493年に二人は結婚した。 ビアンカは幼い頃に孤児となり、親戚のルドヴィコ(イル・モーロ)によってマクシミリアンに引き合わされた。 マクシミリアンの動機は、やはり花嫁の多額の持参金にあったようだ。 2人が初めて会ったのは、マクシミリアンが家来として出席した結婚式の1年後だった。 ビアンカはマクシミリアンから軽視され、時には下品な扱いを受けていた。 また、夫は彼女の財政を厳しく管理していたため、彼女の従者を養うことは困難だった。 彼女は1510年に死去したが、その晩年は政治的にも孤立し、隠遁生活を送っていた。

マクシミリアンには、最初の結婚で生まれた子供たちに加えて、多くの非嫡出子がいた。

最初の結婚で生まれた子供たちに加え、マクシミリアンには多くの非嫡出子がいました。 ある資料ではザルツブルグの中流階級の女性、またある資料ではオランダの貴族の女性と言われている。 2人の息子はいずれも教会を目指していた。 長男のゲオルグ(1505年頃~1557年)は、一時はザルツブルクの司教座の候補にもなったが、外交官としてのキャリアを積み、リエージュの司教のときに亡くなった。 次男のコーネリアス(1507年頃生まれ)については、ほとんど知られておらず、没年も不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です