フレイトフォワーディングとは?

フレイトフォワーディングとは、荷主に代わって商品の国際的な移動のための戦略的な物流計画と実行を行うことです。

輸出入は、戦略的な物流計画を実行する能力のあるビジネスにとって、有利な機会をもたらします。

輸出入は、戦略的なロジスティクスプランを実行できるビジネスにとって、有利な機会となりますが、国際輸送のロジスティクスは、はっきり言って複雑です。

それには以下のものが必要です。

  • 国や港ごとに異なる税関の基準やプロトコルに関する専門知識
  • 天候や技術、人間の性質によってタイムリーな輸送ができないときのための機敏な問題解決
  • ネットワーク構築の直感
  • サプライチェーンは、多くの意味で、それを推進する当事者によってのみ強固になるからです。

そして、それを行うためのライセンスも必要です。

国際的なサプライチェーンは、グローバル化した市場の必然的な要素です。 それどころか、市場を定義しています。 税関仲介、倉庫計画、貨物スケジューリング、貨物保険などが必要な場所には、必ずと言っていいほど貨物輸送業者が存在します。 つまり、どこにでもあるということです。

Defining the Role of Freight Forwarder

フォワーダーの一日を簡単にご紹介します。

Shipment Tracking

フォワーダーはTransportation Management System (TMS)を使用して、貨物の航海の各段階で透明な可視性を維持します。

通関 ブローカー フォワーディングの重要な要素として、特別なライセンスを必要とします。 ライセンスを持ったブローカーは、輸出入の手続きに必要な膨大な書類を管理・提出できる唯一の資格者です。

倉庫

フォワーダーの中には、荷主の商品(または商品の一部)を保管するための倉庫を所有しているところもありますが、ほとんどの場合、フォワーダーが提供するサービスは、便利な場所にある関連会社が所有・運営する倉庫での保管を手配することです。

貨物スペースのスケジューリング

貨物スペースの巧みな調整とスケジューリングは、フォワーダーのスキルセットのより具体的な部分です。 フォワーダーに物流管理を依頼する場合、ここが彼らの腕の見せ所となります。 貨物を集約することが有益かどうか、タイムリーな船便を確保することができるかどうか、インターモーダル輸送の実現可能性を検討することができるかどうかは、思慮深いプランナーにかかっています。

貨物の混載

フォワーダーには、コンテナ1本分の輸送量を必要としない貨物を輸送する顧客が複数いる場合があります。 フォワーダーが提供するLCL(less than container load)輸送のための貨物混載は、複数の小さな貨物をすべて同じコンテナに積み込むサービスです。

貨物保険の提供

フォワーダーは、貨物保険を提供することができます。

注意:貨物保険は、誘因となった事故に関連する付随的な損失をカバーするものではありません。

CAFワールドワイドは、アパレルとフットウェアのロジスティクスを専門とする業界屈指のフレイトフォワーダーです。

CAFワールドワイドは、アパレルとフットウェアのロジスティクスに特化した業界屈指の貨物輸送会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です