スポットライト vs. フラッドライト。 その違いとは? – LightUp

この資料は、投光器とスポットライトに関するお客様からのよくあるご質問にお答えするために作成しました:

  • スポットライトと投光器の違いは何ですか?
  • 私の照明プロジェクトには、どのようなビームの広がりが必要ですか?
  • どのようにして、ある距離から見たときの電球のビームの広さを知ることができますか?

まず、基本的なことを説明します:

スポットライトは、通常45度以下の狭い範囲に光を照射します。

投光器は、ビームの広がりが最大で120度にもなります。

スポットライトとフラッドライトの使い分け:

展示物、壁のアートワーク、建築の細部、景観の特徴など、特定のポイントを強調したい場合はスポットライトを使用します。

車道、ステージ、倉庫、駐車場など、広い範囲を均一に照らす必要がある場合は、投光器を使用します。

ビーム幅の決定:

照明計画を立てる際、ライトのビーム幅を度数で知ることは必ずしも有益ではありません。 一定の距離から見たときのビーム幅をフィートで知ることができれば、もっと簡単です。

ビームの角度 x 0.018 x 電球からの距離 = ビーム幅

つまり、80度の投光器を持っていて、10フィート離れたところからのビームの幅を知りたい場合は、次のように計算します。018 x 10 feet = 14.4 feet wide

30度のスポットライトを持っていて、15フィート離れたところからのビームの幅を知りたい場合は、次のように計算します:

1.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です