コリアンダーはなぜ体に良いのか?

様々な料理に風味を添えるだけでなく

抗がん作用

Bunch of fresh coriander or cilantro on a wooden table Share on Pinterest
コリアンダーは食べ物の塩分の必要性を減らすことができる。

がんの発生に対するコリアンダーの効果に関するデータは限られています

しかし、2019年の試験管研究では、個々の前立腺がん細胞に対するC.sativumの抽出物の効果を調べました。

その結果、前立腺がん細胞の侵襲性が低くなり、急速に広がらない特徴が見られ、コロニーにまとまる兆候もあまり見られませんでした。

別の試験管での研究では、C. sativumの茎、根、葉の抽出物が、ヒトの乳がん細胞に対して抗がん作用を示し、酸化ストレスによる細胞の損傷を抑制した。

痛みと炎症

C.sativumが痛みや炎症の治療薬として有用であることを示唆する証拠が増えています。

2015年に発表された別の研究では、C.sativumの痛みを和らげる可能性をマウスで調査しました。 研究者たちは、C. sativumの種子の抽出物が有意な鎮痛効果をもたらすことを発見しました。

研究の著者は、ナロキソンがC. sativumの鎮痛効果をブロックしたことに注目しました。

別の研究では、頻繁に片頭痛を経験している68人を対象としました。

著者らは、一方のグループの参加者に、コリアンダー果実シロップ15ミリリットルを従来の片頭痛治療薬と組み合わせて1日3回、1カ月間摂取してもらいました。

組み合わせて服用したグループは、コントロールグループに比べて、片頭痛の重症度、期間、頻度が減少しました。

皮膚の健康

Journal of Medicinal Foodに掲載された2015年の研究では、C. sativumの抽出物が紫外線B(UVB)によるダメージから皮膚を保護する能力を調べました。

C.sativumのアルコール懸濁液を、ヒトの皮膚細胞と毛のない実験用マウスの皮膚細胞の両方でテストしました。

その結果は、C.sativumが皮膚の日焼けを防止または軽減する可能性を支持するものでした。

抗真菌作用

鵞口瘡などの真菌感染症にはいくつかの治療法がありますが、不快な副作用を引き起こすことがよくあります。

このような理由から、研究者たちは人々が真菌感染症を管理するために使用できる天然化合物を開発しています。

2014年の研究では、C.sativumの葉から抽出したエッセンシャルオイルのカンジダ・アルビカンスに対する効果を検証しました。

著者らは、このオイルには確かに抗真菌特性があると結論づけ、さらなる研究を推奨しています。

天然の保存料

2017年のレビューでは、細菌や真菌の活動に対するC.sativum種子オイルの予防効果が強調されています。

著者らは、このオイルが天然の食品保存料として高い効果を発揮する可能性を示唆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です