グレン・ミラー

グレン・ミラーがアメリカで最も人気のあるバンドリーダーとして君臨したのは、彼のキャリアの中では比較的遅く、1939年の春から1942年の秋までの約3年半という比較的短い期間でした。 しかし、その間にポピュラー音楽を完全に支配し、死後40年を経て復刻版がゴールドレコードになるなど、スウィング時代の最も永続的な人物であることを証明している。 ミラーは、高音のクラリネットがメロディーを奏で、1オクターブ下のサックスがそれを補うという独特のサウンドを開発し、そのサウンドを使って、スイングミュージックの代表的なヒット曲を次々と生み出したのである。 このようなミラーのやり方は、ジャズファンの間ではあまり評価されていない。ジャズファンは、彼のように規律正しく、厳しいリハーサルを経て、即興性の高いバンドを好む。 しかし、彼はポピュラー音楽のスウィング・スタイルをそれまでにない洗練されたものにし、商業的にも受け入れられました。

ミラーは、ルイス・エルマーとマティ・ルー・カベンダー・ミラーの息子である。 彼は成長期に中西部のさまざまな場所に住んでいた。 彼はまずマンドリンを始め、その後ホルンに転向しました。 1915年に家族で移住したミズーリ州グラントシティでは、町のバンドに参加してトロンボーンを演奏し始めた。 1918年に一家が移住したミズーリ州フォートモーガンでは、高校の吹奏楽部に所属し、1921年5月に卒業した。 すぐにボイド・センターのバンドに参加したが、1923年1月にコロラド大学の大学に入学するために辞めてしまった。 しかし、1年後には大学を辞めてロサンゼルスに移り、ベン・ポラックのバンドに参加した。 1928年の夏、ポラックのもとを去り、ニューヨークに定住して、セッション・ミュージシャン、アレンジャーとして活躍した。 1934年春、トミー・ドーシーとジミー・ドーシーがドーシー・ブラザーズ・オーケストラを結成すると、トロンボーン奏者兼アレンジャーとして契約し、約1年間在籍した。 その後、イギリスのバンドリーダー、レイ・ノーブルのためにアメリカのバンドを結成し、ニューヨークのロックフェラーセンターにあるレインボールームでデビューした。 その間、ミラーはジョセフ・シリンジャーに理論と作曲を学んでいました。

ミラーは、1935年4月25日に、ノーブル楽団のメンバーを含むピックアップ・バンドを使って、コロンビア・レコードに自分の名前で録音を始めた。 1935年の夏には、インストゥルメンタルの「ソロ・ホップ」がトップテン入りを果たした。 しかし、1937年にブランズウィック・レコードと契約するまで、彼は自分の恒久的なツアーバンドを組織しなかった。 しかし、1937年にブランズウィック・レコードと契約するまでは、自分のツアーバンドを組織することはなかった。このグループは成功せず、彼は1938年初めに解散したが、その数ヵ月後に再編成して、RCAビクター・レコードの割引価格の子会社ブルーバードと契約した。 1939年の夏、ニューヨーク州ニューロシェルのグレン・アイランド・カジノでの公演で大ブレイクするまでの1年間、彼はこのオーケストラをなんとか維持した。 グレン・アイランドは、ラジオ回線が整備されたメジャーなスウィング・ホールであり、バンドの露出度も高かった。 ミラーは、すでにトップ10ヒットとなった「サンライズ・セレナーデ」をヒットさせていたが、その裏返しである「ムーンライト・セレナーデ」がさらに大ヒットすることになる。 “6月には「Wishing (Will Make It So)」(ボーカル:レイ・エーベル)が1位になった。 1939年、ミラーは17曲のトップテン・ヒットを記録した。その中には、その後のチャート・トップである「星への階段」「月の恋」「虹の彼方に」「青い蘭」(いずれもレイ・エバールのヴォーカル)や「マンドリンを持った男」(マリオン・ハットンのヴォーカル)も含まれている。

ミラーはレコーディングの成功により、他の機会にも恵まれた。 1939年12月には週3回のラジオシリーズ「Chesterfield Supper Club」のスターとなり、1940年1月にはニューヨークのホテル・ペンシルバニアの「Café Rouge」で何度も長期公演を行い、パラマウント・シアターにも時々出演していた。 1940年には31曲のトップ10ヒットを放ち、この年2番目に成功したレコーディング・アーティストであるトミー・ドーシーの3倍以上のヒットを記録した。「ケアレス」、「星に願いを」、「イマジネーション」、「Fools Rush In (Where Angels Fear to Tread)」、「ブルーベリー・ヒル」(いずれもレイ・エベールがヴォーカル)で1位を獲得。 “

ミラーは、「Imagination」、「Fool Rush In (Where Angels Fear to Tread)」、「Blueberry Hill」(いずれもRay Eberleのボーカル)、「The Woodpecker Song」(Marion Huttonのボーカル)、インストゥルメンタルの「In the Mood」と「Tuxedo Junction」(いずれも後にグラミー賞の殿堂入り)などの曲を残しています。

ミラーは1941年にも11曲のトップテン・ヒットを放ち、2年連続でトップ・レコーディング・アーティストの座を獲得しました。 ナンバーワン・ヒットには、「ヴォルガ船頭の歌」、「ユー・アンド・アイ」(レイ・エーベルのボーカル)、初監督作品『サンバレー・セレナーデ』の「チャタヌーガ・チュー・チュー」(テックス・ベネキーとモデルネアーズ、ポーラ・ケリーのボーカル)、「エルマーズ・チューン」(レイ・エーベルとモデルネアーズのボーカル)などがあった。 1942年のレコーディングも同様で、11曲のトップ10ヒットを放ち、3年連続で年間トップレコーディングアーティストに輝いた。”その中には、「A String of Pearls」、「Moonlight Cocktail」(ヴォーカルはレイ・エーベルとモデルネアーズ)、「Don’t Sit Under the Apple Tree (With Anyone Else but Me)」、「(I’ve Got a Gal In) Kalamazoo」(最後の2曲はテックス・ベネキー、マリオン・ハットンとモデルネアーズがヴォーカルを担当)などがある。 “Kalamazoo」は、ミラーの2作目の映画『オーケストラ・ワイブス』に収録されている。

とはいえ、アメリカが第二次世界大戦に参加した最初の年である1942年は、ミラーがポピュラー音楽を支配する終わりの年となった。数ヵ月にわたる交渉の末、ミラーは9月10日に陸軍空軍の将校に任命され、その17日後に自分のバンドで最後の演奏をして解散したのだ。 彼はサービス・バンドを組織し、軍のキャンプや戦没者集会で演奏する一方、ラジオの週刊シリーズ「サスティン・ザ・ウィングス」の司会を担当した。 それでも1943年には、ナンバーワンの「ザット・オールド・ブラック・マジック」(ヴォーカルはスキップ・ネルソン&ザ・モデルネアーズ)を含む2曲のトップ10ヒットを記録した。 1944年6月にはバンドを引き連れてイギリスに行き、軍隊のために演奏したり、ラジオ放送を続けたりした。 パリに向かう準備をしていたところ、乗っていた飛行機が英仏海峡上で消息を絶ち、40歳の若さで亡くなった。

78回転レコードを使ったアルバム『グレン・ミラー』は、1945年5月に新設されたアルバム・チャートで首位を獲得し、その年の最も成功したアルバムとなった。 グレン・ミラー・オーケストラは戦後、テックス・ベネキーの指揮のもと、ゴーストバンドとして再結成された。 1947年10月には『グレン・ミラー名曲集第2巻』がアルバム・チャートのトップを飾った。 1954年2月、ジェームズ・スチュワート主演の映画『グレン・ミラー物語』が公開され、ミラーが出演していない再録音のサウンドトラック・アルバムがデッカ・レコードから発売され、3月に1位を獲得した。 これに対してRCAビクターは、10インチLP「Selections from the Glenn Miller Story」を発売し、5月に1位を獲得した。 このアルバムは、1956年に選曲を変更して12インチLPとして再発され、1961年にはゴールド認定を受けている)。 1962年にはRCAビクターから「グレン・ミラー・プレイズ セレクションス・フロム・ザ・グレン・ミラー・ストーリー・アンド・アザー・ヒッツ」が発売され、1956年のLP「セレクションス・フロム・ザ・グレン・ミラー・ストーリー」と同じ曲目が収録された。 これは1968年に金賞を受賞している)。 テックス・ベネキーと決別したミラー家は、1956年にミラー・バンドの元メンバーであるレイ・マッキンリーを雇って新たなゴースト・バンドを組織し、このグレン・ミラー・オーケストラは以後、さまざまなリーダーのもとでレコーディングと演奏を続けた。 1959年にはRCAビクターから未発表の演奏を集めた3枚組LP『フォー・ザ・ファースト・タイム…』が発売され、グラミー賞のベスト・パフォーマンス・バイ・ア・ダンス・バンドにノミネートされた。 ミラーのオリジナル・レコーディングの復刻版は、恒常的に売れ続けている。 1969年10月に発売された2枚組LP「A Memorial 1944-1969」は1986年に金賞、1975年3月に発売された「Pure Gold」は1984年に金賞を受賞している。 1989年には、ジャイブ・バニー・アンド・ザ・マスターミキサーズが、ミラーの録音した「イン・ザ・ムード」をゴールド・シングル「スウィング・ザ・ムード」でサンプリングしている。 ミラーの録音はRCAビクターが中心となって様々な形で再発されていますが、他のレーベルからもエアチェックなどの音源が出てきており、カタログは常に増え続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です