カーメル・ミッション

緑豊かな庭園に囲まれたカーメル・ミッションは、サンディエゴからソノマまで続く21のミッションの中で、最も忠実に復元されたミッションのひとつです。 1700年代後半にメキシコから北上してきたスペイン人神父たちのリーダー、ジュニペロ・セラ神父は、太平洋を見下ろすこの静かな庭園付きのミッションを終焉の地に選びました。 カルメル・ミッションは、カリフォルニア州のミッションの中でも最も美しいミッションのひとつとして知られており、また最も活動的なミッションのひとつとしても知られています。

ギフトショップからミッションに入り、たくさんのロザリオや十字架、彫像を見た後、バジリカに入って数世紀前のこの場所での生活を知るために、セルフガイドまたはガイド付きのツアーに参加してください。 また、2021年に250周年を迎えるこの教会の歴史の深さを実感するために、墓地を散策してみてはいかがでしょうか。 小さな博物館や礼拝堂のギャラリーでは、ジュニペロ神父の法衣、当時の美術品、工芸品、歴史的な写真などが展示されており、ショートフィルムではミッションの歴史や地域の発展に果たした役割が紹介されています。 しかし、ここで最も鮮明な歴史的展示は、セッラ神父が眠っていた質素な独房であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です